2006年10月15日

香川OGサヨナラで優勝!

今日、香川県営野球場(オリーブスタジアム)で四国アイランドリーグの
チャンピオンシップ第4戦が行われ、王手をかけていた香川オリーブガイナーズが
高知ファイティングドッグスを3-2で下し、初の年間王者に輝いた。

香川は、昨日行われた第3戦に勝てばストレートでの年間優勝だったが、
後のない高知は同点の9回表二死から4点を奪ってシリーズ初勝利を挙げ
(四番・山本は2本塁打5打点の活躍)、勝負は今日の第4戦までもつれ込んでいた。
チャンピオンシップ第3戦高知雪辱、優勝決定は第4戦以降に(PDF)

そして今日の第4戦も2-2の同点で最終回を迎えたが、香川は9回表をゼロに抑えると、
その裏、二死一二塁から九番・八木がレフトオーバーのサヨナラ打を放ち、
このシリーズ3勝目を挙げて優勝をつかんだ。
チャンピオンシップ第4戦香川が3勝1敗で総合優勝決定!(PDF)

八木はこの試合、先制犠飛に同点二塁打、そしてサヨナラ打と、
一人でチームの全打点を叩き出す大活躍だった。

なお、チャンピオンシップのMVPには香川の若林が選出された。
19打数5安打と打率は決して高くなかったが、5打点の活躍が評価された形だ。
また、敢闘賞には7打点2本塁打の高知・山本が、
優秀選手には5割近い打率をマークした香川の二番・三輪がそれぞれ選ばれた。
打高投低のシリーズを象徴するように、投手は一人も選ばれなかった。

それにしても、第2戦こそ序盤で大差がついてしまったが、
その他の3試合はすべて終盤まで手に汗握る接戦となり、
観客にとっては非常に楽しめるチャンピオンシップだったと思う。
来年度はぜひ徳島でも開催してほしいものだ。


posted by ナカヲ at 23:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。