2006年10月27日

目指せ日本一!

昨日、NPB北海道日本ハムファイターズが日本シリーズを制して日本一になった。
25年ぶりの日本シリーズ出場、44年ぶりの日本一ということもあってか、
一部マスコミは「万年最下位のファイターズが・・・」という表現をしていたが、
長年パシフィック・リーグを見てきた人間として言わせてもらうなら、
ファイターズは決して「万年最下位」などではなかった。

いつもAクラスとBクラスの間をさまよっていて、たまに優勝争いには絡むけれど
勝ち抜ける力はない、でも優勝争いのキャスティングボートは握る、そんな存在だった。
したがって、セントラル・リーグしか見ていないマスコミには、
地味で印象に残らないチーム=万年最下位という印象を与えていたのだろう。

そんなファイターズが北海道へ移転して生まれ変わった。
中央のマスコミには注目されなくても、北海道では唯一の地元NPB球団。
新庄選手の加入も追い風となり、観客動員数は目に見えて増加した。
(東京ドーム時代は、関西のバファローズや九州のホークスとの試合でさえ
ライトスタンドよりレフトスタンドの方が埋まっていることが多かった。
もちろん内野指定席はガラガラで、移動自由のエリア指定状態だった。)

北海道の地域密着球団になるためにフロントも頑張ったし、
選手たちも(新庄を筆頭に)ファンサービスの労を惜しまなかった。
そしてチームの強化も的確だった(毎年、ドラフト会議でいい選手を取るなあ、
と思っていた。とくに投手は、主力のほとんどがここ数年の入団選手だ)。

地域に根ざしたチームになることがプロスポーツの成功の秘訣であり、
北海道移転を決めた時点で、ファイターズの優勝は必然だったのかもしれない。
(さすがに、これほど早く日本一になるとは思っていなかったが。)

おめでとう、ファイターズ! おめでとう、北海道!

規模は違うけれど、早く徳島にもこんな時代が来てほしい。
「トクシマノ ミナサンハ セカイデ イチバンデス!」


posted by ナカヲ at 12:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。