2005年04月02日

対ザスパ草津@群馬サ

◎Jリーグ2部第5節 2005年4月2日
 (群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場)観衆2,561人

ザスパ草津  2(0−0)0  徳島ヴォルティス
        (2−0)

得点:草=吉本(48分、49分)
警告:徳=大場(37分)
   草=氏家(65分)

(ザスパ草津)
GK 岩丸
DF 依田
   小田島
   籾谷
   寺田
MF 山口
   鳥居塚
   氏家
FW 酒井
   吉本(→83分、御給)
   宮川

(徳島ヴォルティス)
GK 山口
DF 谷池
   石川
   谷奥
MF 秋葉
   筒井
   大場
   伊藤(→72分、田中)
   片岡(→88分、鎌田)
FW 大島
   小林(→72分、羽地)


上に0、下に3以上の数字が入る予定だったが・・・

前半が始まってすぐ、GK山口が接触プレーで負傷。
昨年11月の川北の悪夢再びかと心配されたが、無事プレー続行。
その後、どちらも決定的なチャンスはつかめないまま時間だけが経過していく。
ヴォルティスは毎度おなじみのスロースターターぶりを発揮し、
どちらかといえばザスパが押し気味だったが、石川をはじめとするDF陣、
そして山口がしっかりとゴールを死守した。
前回アウェイのホーリーホック戦と同様、0-0で前半終了。

いつもなら後半に入ってリズムが出てくるのだが、今日は違った。
リズムに乗る前に、逆に出鼻をくじかれてしまったのだ。
48分に相手FW吉本のセンタリングをDF谷奥がクリアミス。
ボールはちょうど山口の死角に入っていたようで、
そのままゴールへと吸い込まれていった。
(実は私の位置からでは手前のゴールが邪魔でよく見えなかったのだが、
どうやらそういうことだったらしい。)

さらにその1分後、山口がやや前に出ていたところを再び吉本に狙われ、
ロングシュートで頭上を越されて2点目を奪われてしまう。

その後、ヴォルティスも必死の反撃を試みるが、
FWの2人とMF伊藤を含めた前3人がザスパDFの執拗なプレッシャーの前に
ほとんど機能せず、なかなか得点を奪えない。
前節・サガン鳥栖戦で顔面骨折し、フェイスガードを装着しての強行出場となった
FW羽地も、前節のような流れを変えるゴールは奪えず、そのまま試合終了。
FW羽地が左ほお骨折 2日草津戦、手術せず先発へ意欲

マスク装着のFW羽地

0-2。
最下位相手にまさかの今シーズン初完封負けだった。
これまで毎試合2点以上を奪ってきたリーグ2位の攻撃力が全く機能しなかった。
アウェイでの敗戦も今シーズン初。
相手のザスパは言うまでもなくJリーグ初勝ち点&初勝利&初完封&初マルチ得点。
悪い方の初物づくしの試合だった。
やってみないとわからない、サッカーの怖さを痛感させられた。

それにしても、最近4試合の失点が3、1、2、2と非常に多い。
ヴォルティスはもともと、攻撃力が売りのチームではなく、
安定した守備をベースに戦うチーム。守備の立て直しが急務だ。

今日の敗因は、気持ち、勝利への執念の差、だろうか。
ヴォルティスにとっては、今までのJリーグの試合と違い、相手は明らかに格下。
「勝って当然」という思いがどこかにあっただろう。

相手のザスパは、開幕4連敗でここまで勝ち点すら挙げられない状態で、
勝利を求める気持ちは強かったはず。
しかも、「去年JFLで一緒にやっていた徳島が相手だったので、
気持ちを奮い立たせた。徳島のほうが上と見られるのは絶対にイヤだった」
というDF籾谷の試合後のコメントにも表れているように、
ヴォルティスを格上と思わずに勝ちを狙って必死でぶつかってきていた。
ヴォルティスの選手たちはその気迫に押されてしまったという気がする。

実際、ザスパの選手たちは体を張った反則すれすれのプレーで
ヴォルティスの選手に自由な動きを許していなかった。
「反則すれすれ」と書いたが、レフリーにペナルティを取られなければ
それは反則ではなく、気持ちのこもったナイスプレーである。
ヴォルティスの選手たちはきれいにプレーしようとしすぎているのでは
ないだろうか。

同様に、FWはきれいに崩そうとしてシュートを打てずに終わるケースが多かった。
今日のザスパの2点は、いずれもきれいに崩してのゴールではない。
サッカーは点を多く取ったほうが勝つ。取り方は関係ない。
FWには、がむしゃらにゴールを奪いに行く姿勢をもっと見せてほしい
(とくに今日の後半のようにリードされている展開の時は)。

次のモンテディオ戦は、こちらがチャレンジする側。
しかもホーム初勝利への3度目の挑戦となる。
実力では相手が上だと思うが、それを気持ちでカバーしてほしい。
敗戦から学んだことを次の試合に生かすというのは、そういうことだと思う。

(本音・・・めっちゃ悔しい! ザスパめ、覚えてろ!)

徳島ヴォルティスが初の完封負け ザスパ草津に完敗
【J2:第5節】草津 vs 徳島:ハーフタイムコメント
【J2:第5節】草津 vs 徳島:田中真二監督(徳島)記者会見コメント
【J2:第5節】草津 vs 徳島:手塚聡監督(草津)記者会見コメント
【J2:第5節】草津 vs 徳島:試合終了後の各選手コメント
【J2:第5節 草津 vs 徳島 レポート】
J2昇格クラブ同士の初対決!草津に初勝利をもたらしたのは、吉本の2分間での2得点



posted by ナカヲ at 16:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。