2006年11月22日

JR四国惜敗、8強逃す

先週末から京セラドーム大阪(旧・大阪ドーム)で開催されている、
社会人野球の日本一を決める大会「社会人野球日本選手権大会」で、
四国代表のJR四国は、19日に東海地区の一光と対戦して3-2で競り勝った。
この大会で四国勢が勝利を挙げるのは、2001年の松山フェニックス以来5年ぶり。
また、JR四国が初戦を突破したのも、ベスト4入りした第1回大会(当時は「国鉄四国」)
以来、なんと32年ぶりの快挙だった。

そして今日、JR四国は日本生命との2回戦に臨んだが、惜しくも2-3で競り負け、
ベスト8入りはならなかった。しかし、全国優勝経験も豊富な強豪を相手に
1点差の試合を展開したのは見事だった。

それにしても、先日の高知高の明治神宮大会優勝や、アイランドリーグ選手の
ドラフト指名も含めて、四国の野球界はこのところ明るい話題が多い。いいことだ。


posted by ナカヲ at 17:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。