2006年11月23日

対横浜FC@三ツ沢

◎Jリーグ2部第50節 2006年11月23日
 (横浜市三ツ沢公園球技場)観衆6,924人

横浜FC  0(0−0)0  徳島ヴォルティス
       (0−0)

得点:なし
警告:横=小野(74分)
   徳=玉乃(58分)

(横浜FC)
GK 菅野
DF 小野(→77分、崔成勇)
   早川
   小村
   中島
MF 内田(→81分、吉武)
   山口
   鄭容臺
   滝澤
FW 城
   三浦(→57分、アレモン)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 谷池
   西河
   大森
MF 玉乃
   岡本
   金位漫
   小山(→67分、羽地)
   片岡
FW 小林
   大島(→85分、石田)


ホームゴール裏

今日の三ツ沢は雨の予報だったが、試合前には陽射しものぞいた。
しかし気温はかなり低く、肌寒い。

昇格を目前にした横浜FCはFW城の引退報道が流れたこともあって
いつもの三ツ沢よりずっと観客が多い(報道陣も多い)。

バックスタンドを埋めた観客

今日の試合のキャッチコピーは「青で蹴りをつける。」ということだが、
それならヴォルティスブルーに賭けて負けるわけにはいかない。

「青で蹴りをつける。」

初のアウェイでのビッグフラッグは、スペースの狭さもあって難儀したが、
なんとか無事に成功。

前半は一進一退の攻防が続いたが、しだいにヴォルティスのペースに。
しかし決定力を欠き、ゴールは奪えないまま、前半を終了。
首位と最下位の試合とは思えない、なかなかいい内容だった。

後半は立ち上がりから横浜FCに攻め込まれたが、ようやく課題克服。
島津や西河を中心によく守り抜いた。

その後はヴォルティスも惜しいシーンを作ったが、こちらもゴールできず。
そのまま0-0で引き分けた。最下位決定。
勝てる試合をモノにできなかったのは悔しいが、内容はよかったと思う。
最終戦につなげたい。

試合終了後、城の引退発表があり、両チームサポが「城彰二」コールをした。

(この記事は後日、加筆・修正します。)

徳島、最下位確定 横浜Cと0−0で引き分け

【J2:第50節】横浜FC vs 徳島:ハーフタイムコメント
【J2:第50節】横浜FC vs 徳島:高木琢也監督(横浜FC)記者会見コメント
【J2:第50節】横浜FC vs 徳島:東泰監督(徳島)記者会見コメント
【J2:第50節】横浜FC vs 徳島:試合終了後の各選手コメント
【J2:第50節 横浜FC vs 徳島 レポート】J1と城彰二の引退・・・。2つのカウントダウンが迫る横浜FCが首位キープ。


posted by ナカヲ at 15:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。