2006年11月25日

アローズ3連勝、2位浮上!

bjリーグの高松ファイブアローズは今日、秩父市文化体育センターで
埼玉ブロンコスと対戦し、86-78で逆転勝ちし、アウェイ初勝利を挙げるとともに
3連勝を飾った。また、2位の大阪エヴェッサが首位の新潟アルビレックスBBに
大敗したため、アローズは2位に浮上した。

今日のアローズは、序盤から全くシュートが入らず、第1Q残り3分までに
決まったゴールはたったの1本(2点)。この時点で14点のリードを許していた。
しかし、ベテランPG喜多を投入してリズムを変え、じわじわと追い上げて
第3Qの初めについに同点に追いついた。その後は一進一退の攻防が続いたが、
第4Q半ばにアローズは、埼玉・トニーエルのテクニカルファウルに乗じて
一気にリードを奪い、最後は埼玉の猛烈な追い上げをかわして逃げ切った。

選手個人の成績では、アシュビーが30得点19リバウンドの大活躍。
また、流れを変えた喜多も16得点6アシストという見事な働きを見せた。
逆に、喜多以外の日本人選手は、スターターの岡田が7点、菊池が2点に終わるなど
不振が目立った。好不調の波が激しいのは困ったものだが、
いつも代わりに活躍する選手が出てくる層の厚さは頼もしい。

これでアローズは7試合を終えて4勝3敗。東京アパッチ、仙台89ERSと
勝率で並んだが、得失点差(プラスなのはアローズのみ)で2位に浮上した。
シーズンはまだ長いが、とりあえず、なかなかの好スタートを切れたわけだ。
この調子で、プレーオフ進出を目指して勝ち進みたい。


posted by ナカヲ at 20:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。