2006年11月28日

Jリーグ最終節の見どころ

徳島ヴォルティスの2006年シーズンは一昨日で終わってしまったが、
ヴォルティス以外の30クラブは、今週末までリーグ戦の試合がある。
(Jリーグの日程作成者に最下位を予言されていたようで悔しい・・・。)
そこで、最終節を前に、J1とJ2の優勝、残留、昇格争いの状況をまとめておこう。

まず、J2では横浜FCが前節、鳥栖に勝ってリーグ優勝を決めた。
優勝と同時にJ1昇格も決まったが、新JFLからのJ1昇格は史上初。
そして前年11位からの優勝というのも、J1を含めて史上初の快挙だ。
日本のサッカー史に新たな一ページを書き加えたと言っていいだろう。
おめでとう、横浜FC!

そしてJ1昇格のもう一つの座を賭けた争いは、神戸が勝ち点差1でリード。
神戸は最終節で勝てば文句なしのJ1昇格だが、前節退場者2人を出したうえ、
最終節の相手は5位・仙台。しかも会場は超アウェイのユアテックスタジアム仙台。
仙台としてもホーム最終戦で負けるわけにはいかないから、厳しい戦いになりそうだ。

一方、3位の柏は、アウェイで11位の湘南と対戦する。
柏は今シーズン、湘南には2勝1分と勝ち越しており、相性はいい。
ただ、湘南も前節の神戸戦でロスタイムに追いつく粘りを見せており、
楽には勝たせてくれないだろう。

神戸と柏の勝ち点差はわずか1だが、得失点差では神戸が5点上回っているため、
柏としては引き分けでは厳しい。とにかく勝って、神戸の結果を待つしかない。
(昨年の仙台と甲府の3位争いと似たような状況だ。)

続いて、J1残留争いだが、まずは京都が前節の敗戦で脱落した。
ヴォルティスは昨年、京都からは勝ち点を1点も奪うことができず、
西京極ではゴールを一度も決められなかったので、来シーズンは雪辱したい。
(京都サポには申し訳ないが、近いアウェイが増えたのもうれしい。)

そして、入れ替え戦への生き残りを賭けた16位争いは、セレッソ大阪と福岡の
2チームに絞られた。こちらはセレッソが勝ち点差1でリードしているが、
最終節の相手はセレッソが3位の川崎、福岡が14位の甲府ということで
(どちらもホームゲーム)、対戦相手に恵まれているのは福岡だ。
しかも両者の得失点差は全く同じなので、もしセレッソが負けた場合、
福岡は引き分けでも16位に浮上できる。

もちろん、勝てば自動的に16位が決まるセレッソの方が有利なのは確かだが、
確率的にはほぼ互角といったところかもしれない。

最後にJ1の優勝争いだが、首位・浦和と2位・ガンバ大阪が勝ち点差3で
直接対決するという展開になった。会場は浦和のホーム。
ガンバが逆転優勝するには3点差をつけて勝たなくてはならず、
ホームで連続無敗記録を継続中の浦和の圧倒的優位は揺るがないが、
勝負事はやってみないと分からない。

今年も最後の最後まで筋書きのないドラマが見たいものだ。
(そこにヴォルティスが登場しないのは寂しいが。)


posted by ナカヲ at 21:04| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。m(__)m
遅くなりましたが、今シーズンの応援・試合レポートご苦労様でした。最終戦はテレビの前でヴォルティスのやられっぷりに怒りを通り越して、
( ゚д゚)ポカーン
となったまま試合終了を迎えた私でありました…。
_I ̄I〇

ちょっと寄り道ですが今日『2ちゃんねる』の芸スポ+の記事にこんなのありました。


【競輪】史上最高齢“35歳”で競輪学校に合格「自分がどこまで通用するか試してみたい」[11/28]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1164688773/


35歳って…。私と同い年なんですよ、えぇ(笑)
(ノ∀`)アチャー
Posted by ナオキ at 2006年11月28日 21:51
>ナオキさん
1年間お疲れ様でした。
最後まで散々なシーズンでしたが、31チームで一番早く2007年度への準備に取り掛かれるわけですから、しっかりとやるべきことをやりたいですね。
Posted by ナカヲ at 2006年11月29日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。