2006年12月17日

インテルナシオナル世界一

今年も、FIFAクラブワールドカップの決勝戦をTV観戦した。
マスコミの評判では各国代表選手をずらりと並べたFCバルセロナ(スペイン)が
有利という話だったので、ひねくれた私はSCインテルナシオナル(ブラジル)を
ややひいきして見ていた。

確かにバルセロナがボールを支配して押し気味に試合を進めていたが、
インテルナシオナルも体を張った守備からカウンターで一気に相手ゴールへと迫る
スピード感のある攻撃を見せ、決して劣勢という感じはしなかった。
(むしろインテルナシオナルのやりたいサッカーができていた。)

そして後半37分、大活躍したのになぜかMVPに選ばれなかったイアルレイからの
絶好のパスを受けたC・アドリアーノがゴールを決め、インテルナシオナルが先制。
その後もリズムを崩さずに守りきったインテルナシオナルが、初の世界一に輝いた。

スター選手をそろえなくても、戦い方の意思統一がしっかりとできていれば、
格上と言われるチームに勝てるというお手本のような試合だった。
(もちろん、インテルナシオナルの選手一人一人のレベルは十分に高かったが。)

また、決勝に先立って行われた3位決定戦では、アルアハリSC(エジプト)が
クラブアメリカ(メキシコ)に2-1で勝った。アルアハリは昨年のこの大会で
1勝もできずに6位に終わったが、2度目の出場で3位までジャンプアップ。
唯一敗れたインテルナシオナル戦も競り合った末の1-2というスコアであり、
苦い経験を糧に成長したことをはっきりと成績で示してくれた。
こういったことこそが、6大陸の代表で争われるこの大会の存在意義だと思う。

ヴォルティスもいつか、日本の代表、アジアの代表として、
こういった舞台で経験を積みたいものだ。


posted by ナカヲ at 23:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年と違い、今年の決勝はTV観戦でした。私も
インテルナシオナルを応援していたので、結果が
出てよかったです。スター選手がいなければ勝て
ないというイヤな風潮を吹き飛ばしたと思います。
子供の頃から路地裏で裸足でボールを蹴って遊ぶ
文化のある「サッカー王国ブラジル」の底力が
見えました。

今年は仕事の帰りに5位決定戦を観に国立へ
行きました。ゴール裏でしたが、去年の横浜
(当時は日産スタジアム)と違って高さがあって
見易かったです。後半にテルが交代で出てからは
国立の雰囲気がオークランド・サポ一色という
感じで韓国側の応援団が急にAWAYに見えました。
テルひとりでここまで競技場の雰囲気を変えてしまう
のですね。すごい人気です。
オークランドの選手もテルが出た後半から動きが
よくなったようです。前半は相手へのプレッシャーが
弱く、フリーで打たせるシーンが目につき、2失点
で折り返しました。テルがもっと早く出ていれば、
とは、後の祭りでしょうか。
Posted by 遠くから応援してます。 at 2006年12月21日 03:57
>遠くから応援してます。さん
関東と豊スタでしか試合がないので、西日本住民としては寂しいです。
あ、西日本のチームがアジア王者になったら生で見られるかもしれませんね。
(とりあえず来年は可能性ないですけど。)
Posted by ナカヲ at 2006年12月22日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。