2006年12月23日

準決勝は赤黒と青黒

今日は神戸総合運動公園陸上競技場(神戸ユニバーシアード記念競技場)へ
天皇杯準々決勝のガンバ大阪対横浜Fマリノスを見に行った。

ユニバー記念競技場は、国立競技場と比べても遜色ないと思えるほど
大きなスタジアムで、スタンドに高さがあるので全体を見渡せる。
ただ、陸上競技場なのでスタンドからフィールドまでの距離が遠く、
ゴール裏から反対側のゴール前付近のプレーはよく見えない。

ユニバー記念競技場のメインスタンド ユニバー記念競技場のバックスタンド

神戸での試合ということでガンバ側のゴール裏はほぼ満員だったが、
マリノス側もかなり大勢のサポが集まっていた。さすが名門クラブ。
それに比べて、メインスタンドとバックスタンドは寂しい限り。
天皇杯らしいと言えばそれまでだが、もう少し席割りや価格設定などを
再考してもいいのではないかと思う。

ホーム・ガンバ側ゴール裏 アウェイ・マリノス側ゴール裏

さて、試合は開始2分にいきなりマリノスが先制する。
FW大島のパスに反応したFW坂田が抜け出し、そのままゴール。
しかしガンバも8分、FWマグノアウベスのパスに反応したFW播戸が
裏へ抜け出してゴール。あっさりと同点に追いついた。
序盤の点の取り合いは、岡山で見た5回戦の清水対FC東京を思い出させた。

その後もマリノス、ガンバともに何度か相手ゴールへと迫ったが、
両チームとも決め手を欠き、1-1のまま前半を終了。

マリノスサポによる大量のメッセージ幕

後半立ち上がりはマリノスが押し気味だったが、
ガンバはこれをしのぐと、たびたび裏へいいボールが入るようになる。
そして24分、MF家長が左サイドから相手DF2人を振り切ってシュート。
これが見事に決まってガンバが勝ち越しに成功した。

さらに31分には、後半だけで2度もGKとの一対一を外していたマグノアウベスが
MF遠藤のパスに抜け出し、三度目の正直とばかりにゴールネットを揺らした。

結局、その後もペースを失わなかったガンバが3-1の快勝で準決勝へ駒を進めた。
試合後、来シーズンからオーストリアへの移籍が内定している宮本が
関西で最後の試合ということで、ゴール裏へ挨拶に来た。

関西最後の試合を飾ったガンバDF宮本

ガンバの準決勝の相手は、ヴァンフォーレ甲府を2-0で破って
ベスト4一番乗りを決めたコンサドーレ札幌だ。
J2クラブの代表として、札幌には頑張ってほしい。
(勝てばJ2初の決勝進出だ。)

【第86回天皇杯準々決勝 G大阪 vs 横浜FM】
先制される展開も、追い付き、逆転でG大阪が快勝。
準決勝はJ2で唯一残った札幌と対戦!


◎第86回天皇杯全日本選手権大会準々決勝 2006年12月23日
 (神戸総合運動公園陸上競技場(ユニバー記念競技場))観衆9,044人

ガンバ大阪  3(1−1)1  横浜Fマリノス
        (2−0)

得点:大=播戸(8分)、家長(69分)、マグノアウベス(76分)
   横=坂田(2分)
警告:大=播戸(79分)

(ガンバ大阪)
GK 松代
DF 實好
   宮本
   山口
MF 加地
   明神
   遠藤
   家長
   二川
FW 播戸(→88分、橋本)
   マグノアウベス

(横浜Fマリノス)
GK 榎本
DF 田中隼
   栗原
   中澤
   田中裕
MF 狩野
   山瀬
   那須
   吉田(→34分、河合)
FW 大島(→76分、久保)
   坂田(→76分、マルケス)


posted by ナカヲ at 23:28| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、私もユニバーに観戦しに行っていました。
両チームともJ開幕時からの名門チームだけあって、サポの姿勢というか、こうあるべきという姿が少しながら分かったような気がしました。
試合を見ながら、サポ以外のサッカーを見に来られていた人の様子を見ていたのですが、やはりそれらの人たちを取り込む為には「わかり易さ」が必要だと思いました。
聞き覚えのあるメロディーを用いたチャントや手拍子など…
これからの徳島サポを増やすための色々なヒントが見えた試合でした。

試合の方はガンバの得点チャンスが多々ありながら結構ミスが…
マリノスも前半のあのポストにあたったのが入ってたら、後半開始に点が入れれていたら…
どちらにせよ、チャンスをものに出来たか出来なかったかが試合を分けたような気がします。
Posted by たっき〜 at 2006年12月24日 09:54
>たっき〜さん
ユニバー遠征、お疲れ様でした。
先輩チームのゴール裏を見ていると、いろいろ勉強になりますよね。
私も「分かりやすさ」というか「入りやすさ」は重要だと思います。
来シーズンはそんなところも含めて、サポーターとしてレベルアップしていきたいですね。
Posted by ナカヲ at 2006年12月25日 17:56
仙台見て来たんで、簡単に印象を書いときます。
徳島より一足先にどん底を味わったチームである
甲府側につきました。甲府の応援は徳島のそれに
近いオリジナル色の強いものでした。実際に
バモってたのは全体の6割方でしょうか。
(甲府側ゴール裏の入りは5割程)
札幌側は小耳に挟んだ所では仙台のチャントを
採用している模様。ゴール裏8割を埋めた札幌サポの
ほとんどがバモ参加し、相当の迫力でした。

両チームとも初観戦でしたので確かなことは
言えませんが、開始早々に守備のミスで失点した
甲府が、引いて守る札幌の術中にまんまとハマり
完敗しました。
札幌攻撃陣がカウンターからしっかりとチャンスを
作っていた点も印象的でした。

わざわざ仙台まで行って見る価値のある内容か
どうかはわかりませんが、ある意味極端なゲームを
見られたとは思います。

エコパはどっち側に付けばいいのか分からんので
多分行かないと思います。
Posted by MOKUBA at 2006年12月27日 21:51
>MOKUBAさん
私はエコパ行くなら迷わず札幌側ですね。J2代表!
まあ、仕事があるので行けませんけど。
Posted by ナカヲ at 2006年12月28日 12:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。