2007年02月04日

東芝、ラストプレーで逆転V

今日はラグビーのマイクロソフトカップ(ジャパンラグビートップリーグの
決勝トーナメント)の決勝戦をTVで観戦したが、素晴らしい試合だった。

リーグ戦1位の東芝ブレイブルーパスと同2位のサントリーサンゴリアスの対戦は、
7-7で前半を折り返し、後半に入ってサントリーが2本のPGで13-7とリード。
試合はそのままロスタイムに入り、東芝がトライ&ゴールでの逆転を狙って
最後の猛攻を仕掛けたが、レフリーの告げた4分間のロスタイムが経過。
しかし、ラグビーはサッカーとは違ってプレーが途切れない限り、試合は終了しない。

プレーが切れた時点で敗戦が決まる東芝は、延々とロスタイム7分まで攻め続け、
ついにバツベイがサントリーの防御網をパワーで突破、
ゴールポストすぐ脇にトライを決め、コンバージョンキックで逆転した。
直後に試合終了のホイッスルが鳴り、東芝が14-13の逆転勝ちで優勝を決めた。

会場の秩父宮ラグビー場は10年ぶりの満員札止めだったらしいが、
観客の期待に応える素晴らしい試合だった。

ちなみに、私が初めて生観戦したラグビーの試合は、今日の決勝と同じ
東芝府中対サントリーというカードで、会場も同じ秩父宮。
その試合は残り16分まで22点をリードされていた東芝府中が、
驚異的な追い上げで6点差まで追い上げ、今日と同じようにロスタイムに
トライを決めてコンバージョンで逆転、そのまま試合終了という展開だった。

初観戦があまりに劇的だったために、以後、私はラグビーの魅力にはまったのだが、
今日、全く同じような経験をした観客の中からも、
きっと私のようなファンが出てくることだろう。
劇的な試合を見せることほど、ファンの開拓に効果的なものはない。


posted by ナカヲ at 22:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。