2007年02月17日

第3回対話集会開催

徳島ヴォルティスは今日、練習場にほど近い「あすたむらんど徳島」内の
子ども科学館多目的ホールでサポーターとの対話集会を開催した。
低迷脱出へ期待の声 板野でサポーターと対話集会

あすたむらんど徳島駐車場入口 あすたむらんど徳島入口

生憎の雨模様だったこともあってか(ただし、会場は屋内なのだが)
集まったサポーターの人数は思いのほか少なく、残念だった。
(事前申込100名とのことだったが、開始時点で100人はいなかったと思う。)

催し案内板にも記載が 道案内の看板も

米田GMはやむを得ない事情により急きょ欠席し、高本社長のみが出席。
議題は「チームについて」「運営について」「会社経営について」の3部に分けられ、
13時から予定を30分オーバーして14時30分まで行われた。

ざっと概要を紹介すると次の通り。

(「チームについて」)

Q.去年のように成績低迷から監督が交代することは好ましくないが?

A.最下位脱出だけでなく、チーム強化と育成も重要と考えており、
今井監督を呼んだのは、彼の豊富な経験(文化の違う海外での代表監督、
J2の監督、J1のヘッドコーチ)に期待したから。

Q.もしチームがJ1昇格できる成績を収めた場合、成績以外の面で
J1の条件を満たしているのか?

A.スタジアムは規定をクリアできるが(現状では席数が不足しているが、
自治体と協力して増席へのアクションを起こせば問題にはならない)、
アウェイ・サポのセキュリティ面で検討が必要な部分はある。
しかし、経営的にはJ1の平均運営費が27億円なのに対して
ヴォルティスは6億円であり、厳しいだろう。

Q.サテライトリーグへ参加しないのか?

A.現在参加していないのはヴォルティスだけであり、
仕組みが変わらない限り今後も参加の予定はない。その理由は以下の3点。
試合のたびに四国外へ出て行かなくてはならず、移動コストがかかる。
四国リーグにアマチュアがあり、そちらを強化したい。
若手の育成が目的のはずだが、年間8試合では育成はできない。

Q.アマチュアの意義と目標は?

A.意義はトップチームへの選手の供給。目標は2010年のJFL入り。
意義を理解してもらえて、セレクションには多数の応募があった。

Q.J1を目指せるチーム作りのビジョンは?
レンタルが多いと育成にならないのでは?

A.今年の強化ポイントは、中盤の組織力の向上と全体的な運動量アップ。
チームのコンセプトは「パス&ムーブ」であり、選手が変わっても
経験を積み重ねていくことでチームとしてそのエキスを残したい。
レンタルについては、多いとは思っていない。
外国人3名については、ある程度面白い試合をするために必要。
日本人選手については、レンタル=戻るということではなく、
活躍してそのまま残ることも多々ある。相手先との話し合いになる。

Q.J1昇格は何年後?

A.J2の平均運営費が11億円前後で、ヴォルティスは5〜6億円。
J1から落ちてきたチームには20〜30億円のところも多いが、
ヴォルティスにその金額は無理。まずは3年で土台を作りたい。
そしてチームが本気でJ1を狙えるという時には勝負をかけたい。
甲府は3年最下位から3年で昇格した。最下位でも見捨てずに
サポートしてくれたサポーターがいたからこそ。

Q.社長の目から見て、伸びてほしい選手は?

A.全員。分からない。NPO法人の仕事とスポンサー集めで忙しく、
キャンプに全く行けなかったため、まだチームを見ていない。
明日の練習試合は見に行く。

Q.複数年契約というのはないのか?

A.制度としてはあるし、やっているところもある。
ただ、自信のある選手は単年を望み、そうでない選手は複数年を望むもの。
複数年契約はモチベーションの低下につながるので1年勝負でと考えている。

Q.層の薄いポジションもあるが、今後の補強予定は?

A.現時点ではない。そのポジションの一番手が故障したら
二番手を使うという考え方。よそから連れてくることは考えていない。

(「チームのついて」の締めとして、キャンプに帯同した斎藤強化部長から)

意識改革はできつつあるが、まだ前の習慣が残っていることもある。
完全に意識を変えるにはまだ時間がかかる。

(「運営について」)

Q.サッカー協会依頼のボランティアとCLUB VORTIS会員へのDMについて、
今回の趣旨とは関係のないクレーム。
(時間の無駄なので、こういった自分勝手な方は出席しないでほしい。)

A.(適切に対処)

Q.開幕戦に1万人を動員するには、熱心な方以外にも来場してもらう必要があるが、
十分に情報発信できていないのでは?

A.「徳島新聞presents」ということで、サッカー協会登録チームの
小中高生に新聞社からチケットを無料配布している。
また、TVやラジオでの宣伝は1週間前から増やしていく予定。
チラシ配布も実施しているし、会社で動員してくれるところもある。

Q.TV番組で選手をもっとPRして、興味を持ってもらうことも必要では?

A.お集まりのメディア各社さん、ご協力お願いします。

Q.初年度開幕戦は8千人以上を集客したが、駐車場が埋まってしまい、
帰りは大渋滞になって不満の声を聞いた。クルマを持たない人のためにも、
初年度運行していたシャトルバスを復活してほしい。

A.シャトルバスは必要と思うが、お金のこともあり、交渉が中座している。
駐車場は民家を借りるなどあらゆる手段で必要分確保できている。

Q.ファミリー観戦者が多いのは家族以外は行きづらいことの裏返し。
交通アクセスの整備について長期的な考えはあるのか?

A.いろいろと検討はしている。ヴォルティス自身の負担も含めて検討。

Q.雨の日の観客が少ないが、屋根は拡張できないのか?
また、屋台でご飯類の販売が少ない。

A.屋根拡張はヴォルティスの力では無理。芝生席の座席化も含めて、
自治体に要望はしていきたい。弁当類については検討したい。

Q.マスコットを作る予定は?

A.本当は今年作りたかったが、事務所の移転等で忙しくてできなかった。
作ったものの不人気という例も他チームにはあるので、
皆が喜ぶようなものをしっかりと時間をかけて作りたい。

Q.県南でもヴォルティスの成績を知っている方は多く、関心はある。
ただ、実際にスタジアムに行こうとまでは思わない。
サポート支部のようなものを作ってバスを出すとか、
もっと身近に感じられるようなイベントを実施してはどうか?

A.検討したい。
ショッピングセンターのビジョンで流せるような映像も作ったので、
無償・格安で流してくれるところがあれば紹介してほしい。

Q.ゴミの持ち帰りについて。基本的には売店で引き取ってもらえるが、
試合後、売店が閉まった場合はどうしたらいいのか?
また、アウェイの方に「持って帰れ」と言うのはどうなのか?
結局、放置して帰ったり、近所に捨てる人がいるのでは?

A.協力してくれとしか言えない。
「ゴミは持ち帰る」という意識を持ってもらうしかない。

Q.インディゴソックスとの連携は?

A.社長レベルで話すことはあるが、シーズンに入るとお互いに忙しく、
なかなか実施までは行かない。また、同じ日に試合があると
駐車場の取り合いになってしまうという問題もある。

(「会社経営について」)

Q.グッズの製作に地元の業者(質問者の知り合い)を使ってほしい。
(さっきのクレーマーと同一人物)

A.社員には相見積もりを必ず取れと言っている。値段だけでなく、
スポンサードも含めて、会社にとって利益になる業者を選んでいる。
当然のことだが、そうしないと会社の経営は成り立たなくなる。

Q.赤字になっていないか?

A.この1月までの決算は赤字にはならない見込みだが、今年は厳しい。
大塚グラウンドは無償だったが、スポーツビレッジは有償。
また、会社の事務所も以前はジャストシステムから無償で借りていたが、
今はスポーツビレッジに家賃を払っている。
NPO法人のスポーツビレッジ自体も芝生の管理等で約5,000万円かかる。
収入を増やすことで、赤字にならないようにやっていくつもり。

Q.グッズについて

A.Jリーグエンタープライズは多くのチームのグッズを扱っており、
ロゴと色を変えただけで複数チームのものが作れるから、
値段も安いし、少ロットで納品してもらえる。
半分くらいはそこを使い、あとは地元の業者を使っている。

Q.個人株主の募集はしないのか?

A.可能性はゼロではない。持ち株会などは視野に入れていく。

(以上で終了)

次回は7月頃に実施予定とのこと。

また、徳島スポーツビレッジでは午前中に徳島ヴォルティスの練習が、
午後には徳島ヴォルティス・アマチュアとルネス学園甲賀の練習試合が行われ、
対話集会に出席したサポーターも多数見学に訪れていた。

練習するヴォルティスの選手たち

私は、徳島スポーツビレッジで練習するようになってから初めての訪問だったが、
グラウンドの大きさに驚いた。練習は人工芝のグラウンドで行われたが、
その横には芝生養生中の天然芝グラウンドが2面もある。

芝生養生中の天然芝グラウンド

スタンドはないが、高台の上にあるクラブハウスのテラスが
ちょうどスタンドの役目を果たしている。
(ただし、中央の天然芝グラウンド以外は、遠くてやや見づらい。)

クラブハウスのテラス

ちなみに、アマチュアの練習試合は私が到着した時には前半の半ばを過ぎていたが、
前半の残り時間はかなり一方的にヴォルティス・アマ攻めていた(得点は見られず)。
逆に後半は押され気味だったが、カウンターから2点を挙げた。

徳島ヴォルティスアマチュア対ルネス学園甲賀


posted by ナカヲ at 23:41| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
屋台については鹿島あたりにリサーチに来てもらって拡張を図って欲しいですね。
地元商店街からお店を出してもらえるようにしてもらうのが理想的。
Posted by hiro_m at 2007年02月23日 14:15
>hiro_mさん
カシマは美味しいって評判ですよね。
鳴門でももっと近隣の店に出店してほしいですけど、なかなか採算が取れないのかも?
鳴門市民の来場者はさほど多くないので、店への集客にも結びつきにくいでしょうし。
Posted by ナカヲ at 2007年02月23日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。