2007年03月20日

京の都で初の阿波踊りを!

明日の対戦相手は京都サンガFC(今シーズンから名前が変わったが、
まだうっかりと「京都パープルサンガ」と書いてしまいそうになる)。
京都は昨年はJ1に在籍していたので、ヴォルティスとの対戦は2年ぶりだ。

2年前の対戦成績は4戦全敗。とくにアウェイでは2試合とも完封負けで、
ゴールどころかチャンスすらほとんど作らせてもらえなかった。
大塚FC時代を含めた通算の対戦成績では8勝7敗と勝ち越しているが、
それは昔の話。過去の相性もJリーグでの対戦には全く影響を与えていない。

さて、今シーズンの京都だが、昨シーズンJ1で戦った選手をベースに、
元日本代表の秋田や森岡を加えてDFの底上げを図った。
攻撃面でもセレッソから徳重を獲得し、層は厚くなっている。
しかし開幕戦こそ札幌に2-0で快勝したが、その後は湘南に0-0、山形に1-1と
ややもたついており、明日は攻撃陣を若干入れ替えてくるかもしれない。

一方のヴォルティスは、開幕2試合で失点1と守備が安定していたのだが、
先週の札幌戦では0-3の大敗。いずれも一瞬の隙を突かれての失点で、
守備面での集中力に課題を残した。また、攻撃陣も2試合連続無得点。
とくに前節の後半は攻撃の形をほとんど作れず、こちらも課題は山積だ。

ヴォルティスの今の攻撃力では、抜群の安定感を誇る京都DF陣から
ゴールを奪うのは容易なことではない。まして、先制されたらなおさらだ。
前節の大敗の反省に立って、もう一度気を引き締めて守備の集中力を高め、
相手のミスを突いてのカウンター攻撃で先制点を狙いたい。
(狙い通りの結果になれば、札幌戦は安い授業料だったと言えるだろう。)

もう一度、愛媛との開幕戦の前半を思い出してほしい。
前線から積極的なプレスをかけ、チーム全体で守備ができていた。
あの戦いを京都相手に再現できれば、きっと勝機はあるはずだ。

Jリーグ参入以降、ヴォルティスサポーターはまだ京の都で
阿波踊りを踊ったことがない。明日こそ、ゴールの阿波踊りと
勝利の阿波踊りを、都人(みやこびと)たちに見せつけたい。

【J2:第4節 京都 vs 徳島 プレビュー】前節、早いプレスに押し込まれた京都と、
今季初敗戦に切り替えを図る徳島が激突の第4節は、
一歩も引かないアグレッシブなサッカーに期待!


徳島、21日に京都戦 守備意識高め白星を


posted by ナカヲ at 20:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。m(__)m
明日は年度末の仕事がここにきてやって来たので試合経過さえ見ることが出来ません。
_I ̄I〇
んでもってナカヲ様へ某掲示板風に…。

つ魂

…といいつつ会社からコソーリ念を送り続けますがね。
(ノ∀`)アチャー
Posted by ナオキ at 2007年03月20日 23:12
>ナオキさん
残念でした・・・。
Posted by ナカヲ at 2007年03月22日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。