2007年03月24日

今治西、四国勢の先陣飾る

今日は甲子園球場へ選抜高校野球大会の1回戦を見に行った。
私にとっては毎年の恒例行事であり、今大会で7年連続の観戦になる。

甲子園球場は近々改装が行われるためか、シンボル的存在の外壁を覆う蔦が
すべて写真パネルになっていた。風情がなくてちょっと残念だ。

甲子園球場の正面入口

第一試合は四国準優勝の今治西高(愛媛)と21世紀枠の都留高(山梨)が対戦。
今治西は都留の好投手・小林久に苦しんだが、数少ないチャンスを生かし、
8回裏に二死満塁から笠原が2点タイムリーを放って3-2の逆転勝ちを収めた。

第一試合のファイナルスコア 勝って校歌を歌う今治西の選手たち

第二試合は県立和歌山商業高と熊本工業高の対戦。
中盤までは追いつ追われつのシーソーゲームだったが、
5回裏に集中打で3点を挙げて突き放した熊本工が6-4で勝利を収めた。

今日は3試合が予定されていたのだが、第一試合の終盤から雨が降りだし、
第二試合は最後まで行われたものの、第三試合は明日に順延となってしまった。
残念だが、観戦した2試合ともなかなかいい試合だったのでまあ良しとしよう。

○2007年3月24日・選抜高校野球大会1回戦
都 留 高|000011000|2
今治西高|01000002×|3

好投を見せた都留のエースで四番・小林久投手 今治西のエースで四番・熊代投手 逆転タイムリーを放った今治西・笠原三塁手

○2007年3月24日・選抜高校野球大会1回戦
県立和歌山商業高|001110001|4
熊 本 工 業 高 |01013100×|6


完投勝利を挙げた熊本工・隈部投手 俊足を見せた熊本工の一番・藤村遊撃手 あわや本塁打という二塁打を放った県和歌山商・福田捕手


posted by ナカヲ at 16:19| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。