2007年03月25日

対サガン鳥栖@鳥栖

◎Jリーグ2部第5節 2007年3月25日
 (鳥栖スタジアム)観衆4,278人

サガン鳥栖  1(1−0)0  徳島ヴォルティス
        (0−0)

得点:鳥=高地(44分)
警告:鳥=尹晶煥(27分)
   徳=ダ・シルバ(2分)、金尚佑(41分)、丹羽(52分)

(サガン鳥栖)
GK 赤星
DF 小井手
   内間
   村主
   高地
MF 山口(→75分、清水)
   衛藤
   尹晶煥(→65分、宮原)
   山城(→81分、蒲原)
   レオナルド
FW アンデルソン

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 青葉
   西河
   河野
   金尚佑
MF 丹羽
   ダ・シルバ
   小山(→66分、挽地)
   片岡
FW 大島(→57分、岡本)
   羽地


鳥栖スタジアムのカラービジョン

今日の鳥栖は曇りで気温が高く、なかなか過ごしやすい。
試合前には陽射しも出てきて暑いくらい。

エアトラベル徳島のバスツアーが人数不足で中止になり、
鳥栖スタジアムを訪れたサポの数はおそらくヴォルティス史上最少。

ヴォルティスゴール裏のデコレーション

このスタジアムではいつも試合前にセレモニーが行われている印象がある。
今日はサッカースクールの修了式だった。

サッカースクール修了式

メンバー発表。ヴォルティスのスタメンはいつもと同じ。
サブには小林に代わり岡本が入った。小林は故障だろうか。

試合前のピッチ内アップ

前半30分頃まで、ヴォルティスは前線からのプレスが効いていて
危ない場面をほとんど作られなかったが、31分にDFラインの裏へ
ボールを放り込まれて、山城にフリーでシュートを打たれる。
このシュートはポストの右へ外れたが、その後、DFラインが下がりすぎて
鳥栖に押し込まれはじめる。相手のシュートミスもあって何とか防いでいたが、
44分、DF西河が相手シュートを跳ね返した後のこぼれ球をDF高地に拾われ、
左からきれいに決められてしまった。あと少しでハーフタイムだっただけに、
もったいない失点だった。

後半はヴォルティスが前がかりになって攻めたて、鳥栖がカウンターを狙う展開。
もっとも、ヴォルティスは攻めている割にはチャンスが少なく、
羽地がゴール前で決定的なシュートチャンスをもらった場面でも、
相手DFにシュートをブロックされてしまった。

後半12分に大島を下げて岡本をトップ下に入れるという采配も実を結ばず、
なんとシュート数はたったの1本(前半1本、後半0本)。
結局、最後まで同点ゴールを奪うことはできず、0-1で逃げ切られた。

札幌戦と同様、やはり先に点を取られると取り返す力がない。
守備力は昨年から大幅に向上したのだが、得点力はいっこうに上がらない。
時間がかかるかもしれないが、なるべく早くこの課題を克服したいものだ。

[ J's GOAL ]ゲームサマリー
徳島、攻め手なく鳥栖に完封負け 失点恐れ、受け身に


posted by ナカヲ at 15:15| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都戦が良い動きだったのに、ブレーキ?
チョイ悪チームになりつつある。
切り替えて次は勝利ヲ!!
Posted by uzushio-chips at 2007年03月25日 20:52
こんばんは。m(__)m
京都・鳥栖とアウェー連戦の試合レポート、応援ご苦労様でした。
ちなみに私は『D-BOX』でスカパー観戦してましたけどね。
しかし守備陣が『渦ナチオ』と呼べるくらいの奮闘だっただけに攻撃陣が不発では…
('A`)

あ、余談ですがスカパー中継で『お遍路さん』の白装束の人はしっかり映ってましたよ。
Posted by ナオキ at 2007年03月26日 00:30
>uzushio-chipsさん
スタッツを見るとシュート1本対16本ですが、現地で見ている分には
そんなにひどい内容とは思いませんでした。ただ、点を取れないと勝てませんからねぇ。

>ナオキさん
D-BOXも盛り上がりどころがなかったのでは?
Posted by ナカヲ at 2007年03月27日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。