2007年03月26日

プレーオフ組み合わせ決定

bjリーグの高松ファイブアローズは、先週末行われた東京アパッチ戦に連勝し、
4位の大分ヒートデビルズとのゲーム差を3.0に広げて3位以内を確定させた。

アローズは土曜日の東京戦でPG中川が復帰したものの本調子ではなく、
12点のリードを許して前半を折り返した。しかし後半に入って流れを引き寄せ、
ウォーレンやスパークスの活躍であっという間に逆転、79-73で勝利を収めた。
この日、5位の仙台89ERSが敗れたために大分のプレーオフ進出が確定し、
また大阪エヴェッサが大分に勝ってレギュラーシーズンの1位通過を決めた。
高松、後半に逆転−バスケットボールbjリーグ

アローズは翌日の試合では第1Qからリードを奪って92-73で快勝。
4位の大分が大阪に敗れたためにレギュラーシーズンの3位以上が確定した。
大阪エヴェッサの首位も確定しているため、アローズの順位は2位か3位となり、
プレーオフ初戦(セミファイナル)のカードは、1位・大阪×4位・大分と、
現在2位の新潟アルビレックスBB×現在3位のアローズに決まった。
(新潟とアローズは勝率で並んでいるため、順位が入れ替わる可能性もあるが、
入れ替わってもプレーオフ初戦で両チームが対戦することに変わりはない。)
高松、東京に快勝−プレーオフ初戦は新潟と

アローズとしては、レギュラーシーズンの対戦成績が最も良くない大分や
レギュラーシーズン1位の大阪とプレーオフ初戦で対戦せずに済んだのは大きい。
もちろん新潟も強敵だが、他の2チームよりはくみしやすい相手と言えるだろう。

アローズの今シーズンの残り試合は、今週末(レギュラーシーズン最終週)の
ホーム大分2連戦と、4月21日、22日に行われるプレーオフ2試合のみ。
最後まで全力で戦い、最高の結果でシーズンを終えてほしい。


posted by ナカヲ at 17:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。