2005年05月19日

ドラマチック・トクシマ!

今日、蔵本球場で行われた四国アイランドリーグの
徳島インディゴソックス対愛媛マンダリンパイレーツは、
ドラマのような劇的な試合だったらしい(このブログによく
コメントを寄せてくださっているジーノさんからの速報)。

山口選手のエラーがらみで失った1点が最終回まで重くのしかかり、
0-1で9回裏を迎えたのだが、この回に鳴門出身の山田選手の安打を
足がかりに満塁のチャンスをつかみ、打席にはその山口選手。
期待が高まる中、山口選手は自分の失敗を自分で取り返す
逆転サヨナラ二塁打で試合に終止符を打ったそうだ。
クサいドラマのようだが、生で観戦していたら鳥肌が立っただろう。

そういえば、徳島ヴォルティスも今シーズン、鳴門で戦った6試合のうち、
半分の3試合で残り5分から追いつくドラマを演じている。しかも一度は
残り3分で2点差を追いつき、もう一度はロスタイムがなくなると同時に
同点ゴールが決まっている。

今後もドラマチックな試合を演じて徳島のファンを魅了していってほしい。
(ヴォルティスの次のドラマは、引き分けではなく勝ちでお願いします!)

○順位表 試 勝 敗 分 勝率 勝差 対高知FD 対香川OG 対徳島IS 対愛媛MP
1.高知FD 12 9 3 0 .750  − −−−− 3(0)1 1(0)1 5(0)1
2.香川OG 10 6 4 0 .600 2.0 1(0)3 −−−− 4(0)1 1(0)0
3.徳島IS 11 4 7 0 .364 2.5 1(0)1 1(0)4 −−−− 2(0)2
4.愛媛MP 11 3 8 0 .273 1.0 1(0)5 0(0)1 2(0)2 −−−−
※対戦成績の数字は「勝(分)敗」



posted by ナカヲ at 20:06| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。よくおじゃましてます。

って、あのサイトの速報をΦさんご覧だったのですね!つたない速報で恐縮です。

ところで、この記事のタイトル大好きです。本当にそうですよね!ヴォルティスも明後日勝って欲しいな!別にぜんぜん「ドラマチック」でなくていいですけど!完勝で十分OKですけど!

明日から野球観戦はしばらくお休み。明後日は鳴門に行って「ホーム初勝利」の歴史的瞬間を見ようと思います。
どうでもいいですけど、ヴォルティスのDJさんの「今日こそホーム初勝利!」ってフレーズ、あまりに聞き過ぎてマネできるようになったのって、たぶん私だけじゃないような気がします。
Posted by ジーノ at 2005年05月19日 21:30
コメントありがとうございます。
というか、速報ありがとうございました!

すばらしい試合をご覧になったのですね。うらやましいです。
角野投手はどんどん成長していっている感じですね(なかなか勝てませんが)。

ヴォルティスは、本当に、次は劇的でなくていいのでとにかく勝ってほしいですね。
いや、勝たないとブーイングもありうるでしょう。
「今日こそホーム初勝利!」はもう聞きたくないです・・・。
Posted by Φ at 2005年05月19日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。