2005年05月26日

防御率トップは小林憲幸投手

四国アイランドリーグ・公式サイトの「選手成績」が、昨日更新された。
徳島インディゴソックスの選手では、小林憲幸投手が防御率1.56で
第1位にランクされている。2位の愛媛・浦川投手が2.00だから、頭ひとつ
抜け出してのトップだ(投球回数は少ないが)。
四国アイランドリーグ 選手成績

私が初めて小林投手を観たのは、香川オリーブスタジアムで行われた
香川オリーブガイナーズとの今季開幕戦。三番手で登板して、2回2/3を
わずか1安打に抑えたが、与四球4が響いて2点を失った。球威はあるが、
制球に課題のある投手だな、というのがそのときの印象だった。
次に観たのは今月7日、鳴門での香川戦。このときは最終回1イニングに
登板して、香川打線をわずか6球で三者凡退に仕留めた。ストライクが
入りさえすれば、そう簡単には打たれないな、とちょっと見直した。

その後の投球内容は分からない。ただ、数字を見る限り、制球が安定して
好成績を残しているようだ。短いイニングを全力で抑えるストッパー・
タイプだと思うので、香川の松尾や高知の赤井を上回る成績を残して、
アイランドリーグのNo.1守護神になってほしい。


posted by ナカヲ at 17:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。