2005年05月27日

スコアレスドロー

四国アイランドリーグは、先週末に鳴門で行われた徳島インディゴソックス
対高知ファイティングドッグスで初の引き分け試合が生まれたが、昨日の
蔵本での試合も0-0の引き分けに終わり、インディゴソックスは2試合連続して
引き分けを記録した。ヴォルティス同様、徳島のチームは引き分けが多いようだ。

さて、昨日の試合は、徳島のエース・角野が6安打無失点の好投を見せたが、
打線が香川オリーブガイナーズの捻金、伊藤のリレーの前にわずか2安打に
封じられてしまった。唯一盛り上がったのが、7回二死二塁から角野が
中前安打を打たれたものの、グレアムが見事なバックホームで失点を防いだ
というシーンだったらしい。私は(元バファローズ・ファンのくせに?)
派手な打ち合いよりも緊迫した投手戦の方が好きなので、こういう試合は
大歓迎だが、あまり一般受けはしないだろう(盛り上がりづらいし)。
徳島インディゴソックス、0−0で香川と引き分け

ちなみに、私はまだ0-0の試合を見たことがない(野球でもサッカーでも、
もちろんラグビーやアメリカンフットボールでも)。野球では0-0で延長に
入った試合を何度か見ているが、いずれも11回までに決着がついている。
アイランドリーグは9回で打ち切りなので、0-0の引き分けを見るチャンスは
他のジャンルの野球よりも多いが、それでも今後私がその場面に居合わせる
確率はきわめて低いだろう。話の種に一度見てみたいのだが・・・。

○順位表 試 勝 敗 分 勝率 勝差 対高知FD 対香川OG 対徳島IS 対愛媛MP
1.高知FD 16 11 4 1 .733  − −−−− 4(0)1 1(1)2 6(0)1
2.香川OG 13 6 6 1 .500 3.5 1(0)4 −−−− 4(1)1 1(0)1
3.徳島IS 15 5 8 2 .385 1.5 2(1)1 1(1)4 −−−− 2(0)3
4.愛媛MP 14 5 9 0 .357 0.5 1(0)6 1(0)1 3(0)2 −−−−
※対戦成績の数字は「勝(分)敗」


posted by ナカヲ at 15:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。