2007年06月15日

気持ちで北海道初勝利を!

コンサドーレ札幌とは第3節にホームで対戦し、前半はよく耐えていたものの
後半に3失点して0-3で敗れた。札幌にとっては久々の四国での勝利だったらしい。

Jリーグ通算の対戦成績は5分4敗(アウェイでは1分3敗)。
9試合を戦って、ヴォルティスはまだ一度も札幌に勝ったことがない。
JFL時代を含めても大きく負け越しており、とくにアウェイでは
東芝が北海道に移転してコンサドーレになって以降、一度も勝っていない。
また、今節の試合会場・厚別では過去3戦して、1-5、0-2、0-6とすべて完敗。
とにかく相性が悪いことこの上ない。

さて、現在の札幌は首位を独走しており、前節は審判の判定に泣かされて
連勝が7でストップしたものの、依然として2位に勝ち点10の大差をつけている。

前節の警告と退場の影響で、今節はFW中山、DF曽田、DF西澤の
3人が同時に出場停止になるが、中山の代わりにはFWダヴィ、
曽田と西澤の代わりにはDF池内やMFカウエが控えており、
さほど大きな戦力ダウンにはならないかもしれない。

要注意選手は、このカードでの活躍が目立つ徳島県出身MF西谷、
そして前回対戦時には来徳しなかったDFブルーノ・クアドロスあたりか。
もちろん前回対戦時に先制点を決めたFWダヴィにも十分な警戒が必要だ。

一方のヴォルティスはここ5試合で2分3敗。
5試合で奪ったゴールはわずかに1点のみで、攻撃が全く機能していない。
守備は前々節まではよく健闘していたが、前節のセレッソ戦で4失点し、
とうとう我慢の限界に達してしまった印象だ。

今シーズン最悪の試合だった前節から中2日でのアウェイゲーム。
立て直すにはあまりにも時間が足りず、苦しい試合になること必至だが、
相手もベストメンバーではないのだから、少なくとも気持ちで負けることなく、
プロとして恥ずかしくない試合を見せてほしい。

前回の対戦で、札幌は鬼門の地・四国でついに白星を挙げた。
今度は徳島の番だ。気持ちで上回り、鬼門の地・北海道で勝ち点3を奪い返したい。

【J2:第22節 札幌 vs 徳島 プレビュー】連勝が7で止まった札幌、
主力3人が出場停止となる今節でいかに連敗を阻止するか!?
前節大敗の徳島も守備の再構築に力を注ぐ。


posted by ナカヲ at 21:38| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前節は、私にとっては怒りを通り越して情けなさのみが残る試合でした
札幌戦でプロらしいところを魅せていただきたいものです
もしもこの地で再びたたきのめされるようなことがあれば
我々ももう立ち直れなくなってしまいます
Posted by go!vortis!go! at 2007年06月15日 22:33
こんばんは。m(__)m
明日の私は仕事なのでナカヲ様に、

つ魂

実は先月の社員旅行のバスの窓から厚別競技場を見たことがあるんですけどね。その時窓からコソーリ「ヴォルティスが勝ちますように」と念は送っておきました、エヘヘ。

あ、お土産はおおいに期待していますよ…
って言うのはウソです。(笑)
Posted by ナオキ at 2007年06月15日 23:25
>go!vortis!go!さん
札幌戦、よく頑張っていい試合を見せてくれましたね。

>ナオキさん
十分に勝てる試合だったんですけどね・・・。
残念ながらお土産(勝ち点)が1/3に減ってしまいました。
Posted by ナカヲ at 2007年06月18日 17:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。