2007年06月18日

対京都産業大@TSV

昨日、板野の徳島スポーツビレッジで徳島ヴォルティスと京都産業大の
練習試合が行われ、両チームとも前後半に2点ずつを取り合って4-4で引き分けた。
練習試合結果について

詳細は不明だが、DFの層の薄さがはっきりと出てしまったようで、
大学生相手にまさかの4失点。札幌戦で負傷したDF河野の長期離脱が
ほぼ確実なだけに、残念な結果と言うしかない(個々の選手の出来は不明だが)。

一方、攻撃陣ではMF石田とFW大島がそろって2得点と結果を出した。
とくに大島は練習試合で4試合連続ゴール、しかも計7得点。
そろそろ公式戦で見たいものだ。

◎練習試合 6月17日14時キックオフ
 (徳島スポーツビレッジ天然芝グラウンド)=45分ハーフ

徳島ヴォルティス 4(2−2)4 京都産業大
(Jリーグ2部)  (2−2)  (関西学生リーグ)

得点:石田2、大島2



posted by ナカヲ at 12:21| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スカパー!ではダヴィ選手からの受傷の様子がよくわかりませんでしたが河野淳吾選手は相当時間がかかりそうです
学生相手に4点取られるとは
再び暗雲漂うvortisですね
Posted by go!vortis!go! at 2007年06月18日 22:33
>go!vortis!go!さん
まだ発表はありませんが、あの感じでは今年は無理と思ったほうがいいかもしれません。
後ろを向いても仕方ないので、河野選手の穴をどう埋めていくか考えないといけませんね。
選択肢はいろいろ考えられると思います。
Posted by ナカヲ at 2007年06月18日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。