2007年06月22日

河野の分まで戦おう!

第1クールの湘南ベルマーレ戦、ヴォルティスは右SB金尚佑を早々に退場で
欠いたのが響き、1-2で敗れた。ただ、試合内容は数的不利を感じさせないもので、
0-2から1点を返すなどむしろ健闘が光った。

このカードは、通算の対戦成績では5勝3分11敗と大きく負け越しているが、
Jリーグのみで数えれば4勝2分3敗(ホームでは2勝1分1敗)と勝ち越しており、
湘南はかなり相性のいい対戦相手と言えるだろう。

さて、現在の湘南は4位。自動昇格圏の2位に勝ち点差2という好位置につけている。
開幕当初は守備のいいチームという印象が強かったが、最近は攻撃力もアップし、
総得点34はリーグ2位、総失点21はリーグ3位と攻守のバランスが取れている。

ただ、ここ10試合の成績を見ると、●●○○●●○●○○といった具合に
連勝と連敗を繰り返しており、調子の波がかなり激しい。そういった意味では
ヴォルティスとしても十分に付け入る隙がありそうだ。

注意すべき選手はMFアジエル。現在、得点ランキング6位の8ゴールで、
5月の「J's GOAL月間MVP」にも選ばれており、湘南の攻撃の中心だ。
また、ここまでシュート18本で7ゴールという驚異の得点率を誇るFW原には
フリーでシュートを打つ場面を作らせないように気をつけたい。

対するヴォルティスはここ5試合で2分3敗。5月20日の仙台戦を最後に
もう1ヶ月以上も白星から遠ざかっており、内容的にも芳しくない試合が
続いていたが、前節の札幌戦では久々に気持ちのこもったプレーを見せ、
チームの状態は上向いてきているように感じられる。

ただ、前節の試合でDFラインを統率するCB河野が右すねを骨折して
長期離脱を余儀なくされ、戦力的にも精神的にも大きなダメージを受けた。
当面はSB青葉をCBとして起用するか、ボランチの丹羽を一列下げて
CBとして起用するかの二者択一を迫られることになると思うが、
前者の場合は代わりに入るSB、後者の場合は代わりに入るボランチが
どれだけ頑張れるかがポイントになるだろう。出場する選手全員が
気持ちを一つにして、河野の分まで戦ってほしい。

ヴォルティスは次節が休みの関係上、明日の試合で勝ち星を挙げなければ
今月を未勝利で終えることになってしまう。今シーズンは3月、4月、5月と
毎月勝ち星を挙げてきたので、今月もなんとか最後に白星がほしいところだ。
サポーターも、河野の不在を声援でカバーできるよう、全力を尽くしたい。

【J2:第23節 徳島 vs 湘南 プレビュー】不動のセンターバック河野を失った徳島。
新しい守備組織は湘南の変化に富んだ攻撃を抑え切れるか!?


posted by ナカヲ at 19:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。