2007年06月24日

ヴォルティスアマ、5連勝

今日は徳島市球技場サブグラウンドへ四国リーグ第9節の2試合を見に行った。
朝、徳島のシンボル・眉山を見上げると、霧で霞んていた。

霧にかすむ眉山

天気予報も雨だったので降られることを覚悟して行ったが、
たまにパラつく程度で本降りにならなくて良かった。
ただ、蒸し暑さが半端でなく、風が止まると息苦しい感じがするほど。

第一試合は徳島ヴォルティスアマチュアと愛媛しまなみFCの対戦。
今治市桜井で行われた前期の対戦ではヴォルティスアマが9-1で快勝したが、
しまなみはその後調子を上げてきており、油断はできない。

ヴォルティスアマのスタメンは次の通り。
GKは本間。DFは右から片岡、中村、村上、岩下。
ボランチは松本と鈴木慎太郎。SHは右に市川、左に窪田。
そしてFWは大西と岡本。

前半はヴォルティスアマが押し気味だったが、なかなかゴールを奪えず、
しまなみの思惑通りの展開に。しかししまなみも何度かあった決定機に
FW石本がシュートを外すなどして、先制点を奪えない。

試合が動いたのは前半35分。右からMF市川がきれいにミドルを決めた。
さらに44分には市川の右クロスにMF松本が頭から飛び込んで2点目。
ヴォルティスアマが2-0とリードして前半を折り返した。

後半はしまなみも積極的に攻めてきたため、半ば頃まで互角に近い展開。
しかし20分、FW岡本の右クロスを逆サイドで拾ったMF窪田がゴール。
さらに37分、途中出場のMF加藤がこぼれ球を決めて4点目。
そして終了間際の44分には左クロスをファーサイドにいたDF片岡が
ヘッドで体ごとゴールへ押し込んだ。

5-0で試合終了。ここ数試合、前半に先制点が取れずに苦しんでいたが、
今日は前半のうちに先制できたのが大きかった。とくに市川の活躍が光った。

よく守ったしまなみのGK藤本 先制ゴールあり、好アシストありのMF市川

これでヴォルティスアマは5連勝。しかも5試合すべてが完封勝利であり、
守備陣の安定が光っている(相手が相手だけに攻められるシーンも少ないが)。

今後は、7月1日に3位・南国高知FC戦、15日に2位・カマタマーレ讃岐戦と
大事な試合が続くが、しっかりと勝利を積み重ねていきたい。

続く第二試合は徳島コンプリールSCとカマタマーレ讃岐の一戦。
コンプリールは下位に沈んでいるが、第7節にはヴォルティスアマを相手に
前半0-0という粘りを見せており、一筋縄ではいかないチームだ。
カマタマーレは11点差で勝てば首位浮上だが、さすがに厳しいだろう。

元大塚FCのカマタマーレ山出監督 カマタマーレのスタメン

前半から格上のカマタマーレがひたすら攻め続けたが、シュートが外れたり、
クロスバーやポストに当たったり、GKのスーパーセーブに阻まれたりして
どうしてもゴールを奪えない。

一方のコンプリールは元大塚FCのFW桑山にボールを集めるが、
攻撃に厚みがなく、決定機を作るまでには至らない。
結局、0-0で前半を終了した。

コンプリールの桑山主将は元大塚FC

後半に入り1分、カマタマーレは後半から出場の脇坂が右のスペースへの
パスに反応して抜け出し、GKとの一対一をニアに決めて先制ゴール。
23分には元ヴォルティスMF尾上の左クロスをファーサイドの脇坂が頭で
折り返し、ゴールの真正面にいたDF土岐が難無く頭で押し込んで2点目。
そして終了間際の44分に再び脇坂が左から決めると、ロスタイムには
尾上の左クロスをまたも脇坂が決めてハットトリック達成。

前半こそコンプリールの粘り強い守備に苦しんだカマタマーレだったが、
終わってみれば4-0の快勝で、ヴォルティスアマと同様に5連勝を果たした。

尾上は実戦から遠ざかっていたこと、チームに合流して日が浅いこともあり、
まだ本調子ではないように感じられたが、自慢のスピードで左サイドを制圧し、
格の違いを見せ付けていた。Jリーガー復帰を目指して頑張ってほしい。
(ただ、15日のヴォルティスアマ戦はほどほどにお願いしたい。)

カマタマーレ小出主将は徳島市立高出身 元ヴォルティスのカマタマーレMF尾上

◎四国サッカーリーグ第9節 2007年6月24日11時キックオフ
 (徳島市球技場サブグラウンド)

徳島ヴォルティスアマチュア  5(2−0)0  愛媛しまなみFC
                (3−0)

得点:徳=市川(35分)、松本(44分)、窪田(65分)、加藤(83分)、
     片岡(89分)

(徳島ヴォルティスアマチュア)
GK 本間
DF 片岡
   中村
   村上
   岩下
MF 松本
   鈴木慎
   市川
   窪田(→72分、加藤)
FW 岡本
   大西(→72分、鈴木裕)

(愛媛しまなみFC)
GK 藤本
DF 川浦
   桧垣
   浜野
   安部
MF 工藤
   野本泰
   森実
   近藤
FW 木根
   石本


◎四国サッカーリーグ第9節 2007年6月24日13時キックオフ
 (徳島市球技場サブグラウンド)

徳島コンプリールSC  0(0−0)4  カマタマーレ讃岐
             (0−4)

得点:讃=脇坂(46分、89分、89分)、土岐(69分)

(徳島コンプリールSC)
GK 松本
DF (No.27)
   嵐
   阿佐(→37分、久米)
   薮内
MF 久保
   塩田(→45分、瀬戸)
   高橋(→76分、美馬)
   高田
FW 喜来
   桑山

(カマタマーレ讃岐)
GK 堀之内
DF 土岐
   泉谷
   今井
   高畑
MF 綱田
   小出
   三ヶ崎(→27分、小野)
   尾上
FW 加藤(→56分、徐暁飛)
   森田(→45分、脇坂)


posted by ナカヲ at 18:02| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
尾上選手のプレーが見たくて私もちょこっと入田に行きました
彼がサッカーを続けていてくれたことに感激し、
徳島でその姿を見せてくれたこと、
そしてキックの精度の高さに改めて感動しました
Posted by go!vortis!go! at 2007年06月24日 23:52
>go!vortis!go!さん
尾上選手の活躍はうれしいですよね。
カマタマーレではさっそく欠かせない選手になってましたが、まあ当然でしょう。
Posted by ナカヲ at 2007年06月26日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。