2007年06月25日

ユース、3度目の正直で快勝

23日(土)にプリンスリーグ四国の後半戦がスタートし、徳島ヴォルティスユースは
グリーンフィールド新居浜で愛媛FCユースと対戦、5-1の快勝で連勝を7に伸ばした。
プリンスリーグ結果について

ヴォルティスユースは今月上旬に行われたクラブユース選手権(U-18)四国予選で
愛媛FCユースとホーム&アウェイで対戦したものの、ホームでは0-0のドロー、
アウェイでは終了間際の失点で0-1の敗戦と、勝利まであと一歩に迫っていたが、
今月3度目の対戦でようやく初勝利を飾った。文字通りの「三度目の正直」だ。

得点者は岡、林2、前田、中村。主要な攻撃陣の選手がそろってゴールを決めた。
とくに林はプリンスリーグで開幕から7試合連続の10ゴール。驚異的な活躍ぶりだ。
残り試合は4つ。勝ち点差2で追いかける香川西高戦との天王山(7月14日)を含め、
全試合に勝って高円宮杯出場を勝ち取りたい。


posted by ナカヲ at 12:04| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。