2007年06月25日

香川OG、2季連続優勝!

四国アイランドリーグで前期優勝まであと1勝と迫っていた香川オリーブガイナーズは
昨日の高知ファイティングドッグス戦に4-3で勝ち、前期の優勝を決めた。
香川オリーブガイナーズ、初の前期優勝−四国IL

香川は22日の試合前の時点で優勝へのマジックを1としていたが、
22日の試合は雨天中止となり、翌23日は高知に2-3と惜敗。
2日続けて優勝が持ち越しとなっていた。しかし24日の試合では
国本選手の先頭打者本塁打などでリードを奪い、先発の松尾投手も7回を無失点。
最終回には抑えの橋本投手が高知の反撃にあったが、何とか逃げ切った。

香川は昨年の後期も優勝しており、2シーズン連続2度目の優勝。
開幕前から優勝候補の呼び声が高く、順当に勝ち抜いたという印象だ。

2位には愛媛マンダリンパイレーツが入った。愛媛は昨年まで一度も
勝率が5割を超えたことがなく、Aクラス(2位以上)の経験もなかった。
そして今シーズンも4月末頃までは最下位に低迷していたが、
5月から急激に調子を上げ、初の勝ち越しとAクラス入りを果たした。

一方、高知ファイティングドッグスは5月以降失速し、初のBクラス。
残り試合の結果次第でまだ勝ち越しの可能性は残るが、残念な成績だった。

そして最下位は今シーズンも徳島インディゴソックス。
これで昨年の前期から3シーズン連続の最下位ということになる。
ただ、前・後期の2シーズン制は、前期の成績がどんなに悪くても、
後期で優勝すれば(前期の成績に関係なく)総合優勝の可能性がある。
気持ちを切り替え、反省すべきところは反省し、後期に臨んでほしい。


posted by ナカヲ at 22:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。