2005年06月25日

対サガン鳥栖@鳥栖

◎Jリーグ2部第18節 2005年6月25日
 (鳥栖スタジアム)観衆11,631人

サガン鳥栖  1(1−0)1  徳島ヴォルティス
        (0−1)

得点:徳=羽地(50分)
   鳥=新居(1分)
警告:徳=谷池(32分)、大場(72分)、小林(80分)
   鳥=新居(6分)、高地(46分)

(サガン鳥栖)
GK シュナイダー
DF 奈良崎
   井手口
   八田
   高地
MF 落合
   高林(→76分、村主)
   宮原(→85分、一柳)
   高橋
FW 鈴木(→70分、氏原)
   新居

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   谷奥
   大森
MF 秋葉
   筒井
   大場
   伊藤(→77分、原田)
   片岡
FW 小山(→74分、小林)
   羽地


列車が鳥栖駅に近づくと、左手に立派なスタジアムが見えてくる。
骨組みがむき出しになっているような印象で、質実剛健。
美しいというより格好いいスタジアムだ。
しかもナイトゲーム独特の雰囲気が、ますます気分を盛り上げる。

鳥栖スタジアムの外観

鳥栖がこの試合に勝てばJ2昇格圏内の2位に浮上できるからか、
今シーズン初のナイトゲーム開催だからか、
入場口には長蛇の列ができていてびっくりした。
三ツ沢と同様、ここもホームとアウェイで入り口を分けていないようだ。

入場してみると、スタンドには適度な傾斜があって実に見やすい。
また、2階が屋根の役目を果たしていて、雨でもぬれずに観戦できそうだ
(メインとバックのスタンドは2階席でも屋根がある)。
逆に、寒い日はゴール裏の2階席で日向ぼっこしながら観戦することもできる。

2階建て屋根つきスタンド(バックスタンド)

この手のスタジアムとしては、スコアボードが貧弱な感じがしたが、
飾りは極力省いて、フィールドの見易さに集中投資したと思えば、
逆に好感が持てる。

ビジョンはなく、スコアボードはシンプル

鳥栖のキャラクター「ウィントス君」

さあ、いよいよ試合開始。
しかし1分、左からのクロスをファーサイドの鳥栖FW新居に決められてしまった。
新居をケアしていたDF大森が、目に照明が入ってボールを見失ったらしく、
頭上を越された。前節後半に続き、またしても開始直後、クリアミスからの失点だ。

その後は両チームが一進一退の攻防を展開。
8分には、MF小山が相手DFラインの裏へ抜け出してゴールに蹴り込み、
同点かと思われたが、判定はオフサイド。
13分には逆に鳥栖の新居がDFの裏をとってシュートを放つが、
GK高橋がかろうじて枠の外へはじき出す。
その後のCKも、1ヶ月ぶりに復帰したDF谷奥を中心に守りきった。

20分頃から、鳥栖の早いプレスを受けてヴォルティスのリズムが悪くなり、
中盤でボールを奪われてはたびたびピンチを招くようになる。
34分には鳥栖のCKからFW鈴木のダイビングヘッドが飛び出すが、
シュートはGK高橋の正面へ飛び、難を逃れる。

38分には新居が左からグラウンダーのクロスを入れ、
ゴール前の混戦の中で鈴木の蹴ったボールが
左のゴールポストめがけてゆっくりと転がっていったが、
ポストぎりぎりのところでヴォルティスのDFが追いつき、クリアした。

さらに前半ロスタイムにはDFのボール回しから鳥栖にボールを奪われ、
MF高林にミドルシュートを打たれるが、GK高橋が何とかはじき出した。
前半は半ば頃からほとんど防戦一方になってしまったが、
立ち上がりの1失点のみに抑えたことで、後半に望みがつながった。

ハーフタイムには、先々週札幌で行われたYOSAKOIソーラン祭りにも
参加したという踊りのグループが登場。札幌といい鳥栖といい、
どうして四国のヴォルティスにYOSAKOIソーラン祭りを見せたがるのか。
まだ見たことがない他のチームに見せればいいのに(苦笑)

ハーフタイムはYOSAKOIソーラン

さて、後半に入ると試合の流れは一転してヴォルティスに傾く。
早い動き出しから流れをつかみ、1分にはペナルティエリアすぐ外で
小山が倒され、好位置でのFKを得た。
しかし羽地のキックはDFの壁に跳ね返される。

そして5分、MF秋葉からの縦パスにFW羽地が反応して抜け出し、
最後はGKシュナイダーを右にかわして冷静にゴールを決めた。
鳥栖の選手たちはオフサイドではないかと抗議したが(確かに微妙だった)、
オフサイドポジションにいた小山(?)はプレーに関与していないということで、
抗議は受け入れられず、同点ゴールは認められた。

鳥栖も6分に右からのアーリークロスをファーサイドのMF高橋が受けて
チャンスを迎えるが、シュートを打たれる前にMF筒井がゴールラインへ
ボールを蹴り出して事なきを得た。

その後もヴォルティスが再三チャンスを迎えるが、勝ち越し点を決められない。
8分のMF伊藤の強烈なミドルシュートは枠の外へ。
11分、左サイドの片岡からのクロスは小山の足にヒットせず、
こぼれ球を羽地が狙うがGKシュナイダーにキャッチされる。
20分には、相手の中途半端なクリアボールを筒井が奪って、
ミドルシュートを放ったが、惜しくも枠の外へ。
21分、ペナルティエリア内でフリーになった伊藤のシュートはGK正面へ。
26分、中央でパスを受けた小山が右に流れてフリーでシュートを放つが、
これは惜しくもサイドネット。

鳥栖も時折反撃し、19分には左CKからファーサイドに詰めていたDF八田が
ヘディングシュートを放ったが、GK高橋がはじき出した。
27分には、左サイドからの高林のFKが、クロスと見せかけてダイレクトに
ゴール右上隅を襲うが、GK高橋が右手一本で何とかはじき出す。

30分には、筒井がドリブルでペナルティエリア内に侵入して倒され、
PKかと思われたが、判定はノーファウル。
どうしてヴォルティスはいつもPKを取ってもらえないのだろうか?

鳥栖は残り10分を切ったあたりから徐々に盛り返し、終盤は互角の試合に。
37分には、ヴォルティスGK高橋のミスキックから鳥栖がチャンスを迎えるが、
ここはヴォルティスDF陣が何とかしのぎきった。
43分、今度はヴォルティスがチャンスをつかみ、
片岡が左からシュート(クロス?)を放つが、惜しくもサイドネット。
鳥栖も44分、右からのクロスにFW氏原が頭で合わせるが、
GK高橋がわずかに触れてボールを枠の外へはじき出した。

結局、そのまま試合終了のホイッスルが鳴り。1-1の引き分けに終わった。
前半は圧倒的な鳥栖ペース、後半は一転して徳島ペースという、
非常に分かりやすい試合だった。

ヴォルティスの守備陣としては、もったいない形で失点をしたが、
その後のピンチはよく防いだ。
また、攻撃面でも、オフサイドすれすれの微妙なプレーで得点したが、
その後のチャンスは生かせなかった。
いい面もあり、悪い面もあり。何とも評価の難しい試合だと思う。
まあ、アウェイで上位相手に引き分けならOKと考えるべきか。
(その繰り返しではいつまでたっても上位には浮上できないが。)

徳島・羽地が同点弾 後半追いつき、鳥栖に1−1

【J2:第18節】鳥栖 vs 徳島:ハーフタイムコメント
【J2:第18節】鳥栖 vs 徳島:田中真二監督(徳島)記者会見コメント
【J2:第18節】鳥栖 vs 徳島:松本育夫監督(鳥栖)記者会見コメント
【J2:第18節】鳥栖 vs 徳島:試合終了後の各選手コメント
【J2:第18節 鳥栖 vs 徳島 レポート】
前後半で主役が入れ替わる展開は、両者勝ち点1のドロー。


posted by ナカヲ at 21:22| 🌁| Comment(7) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳥栖スタは良いって言いますよね。
でも、サッカー専用だったらなんでも良いってことないですよね?w
上との差がどんどん離されて行きますね・・・。
Posted by hiro_m at 2005年06月25日 23:09
毎度の遠征ご苦労様です!
鳥栖スタなかなかのようで、観客も1万超だったみたいですね。
やっぱりナイターはどこもよく入りますね!
みちのくダービーは2万人らしいですし…
草津戦は順位だけ見たら勝ち試合が見れる可能性が1番高いので観客増が期待できますね。

しかしヴォルティスは羽地がいてよかったですねw
Posted by taba at 2005年06月26日 01:29
>hiro_m様
サッカー専用だったらなんでも良いってことはないです。
私にとっては、敷島は「×」です。
行ったことないですが、たぶん日立台も「×」だと思います。
近くても、傾斜がない所は見づらいから好きではないです。

首位との差はどんどん離れて行きますが、
2位との差は実はそんなに開いてないですよ。
(2位グループがそろってパッとしないので。)

>taba様
コメント&トラックバックありがとうございます。
鳥栖スタジアム、お客さん多かったし、ちょっとしたお祭りみたいな
雰囲気でした。楽しかったですよ。

確かに、羽地がいなかったら今シーズン何点取れていたか、
考えるとゾッとしますね(苦笑)
Posted by Φ at 2005年06月28日 12:40
日立台は行ったことないんですけど、あそこだけ本当のピッチレベルで最高の環境だと思いますよ。
敷島サッカー場は客席とピッチが少し距離があるけど、日立台は距離が全くないですからね。客席もしっかりあるから後ろの席でも見えると思いますよ。

まぁ、日本一はカシマスタジアムなんですけどねw
Posted by hiro_m at 2005年06月29日 19:30
傾斜はあるんですね>日立台
いや、全然見たことないから実は知らないのです。
そうすると、練習の時とか、よそ見してたらボールが当たりそうですね。

カシマスタジアムはぜひ行ってみたいです。
住金はあのスタジアムのおかげで初年度からJリーグに入れたって言いますし。
あと、今度できる蘇我も、イメージ図を見た感じ、よさそうです。
まあ、鹿島にしても市原にしても、落ちてくるとは思えないので、
うちが上がらないと対戦できないんですが・・・。
Posted by Φ at 2005年06月29日 19:45
日立台は間にネットがあるから大丈夫なはず。
カシマは改装前の方がよかったと言われていますけどね。今は屋根が小さいから雨が降ると雨が掛かっちゃいますからね。
来年はもしかすると日立台には行けるかも知れませんよwまぁ、葉っぱを使われちゃうと最悪なんですけどね。
Posted by hiro_m at 2005年06月29日 20:35
そうそう、屋根も大事なポイントですね。
その点でも、仙台と鳥栖は、私が行ったことのある他のサッカー専用スタジアムより上です。

来年、日立台ですか...うーん、襲われたら怖いなあ...(苦笑)
ウイングスタジアムに期待しています。海峡ダービー歓迎!
(京都が抜けるので、代わりの関西チームが1つほしい)
Posted by Φ at 2005年06月30日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

徳島スコアでフィニッシュです
Excerpt: 1−1ですた。前半1分失点…(何やってんだ!ゴルァ!!って感じですが個人的にはこの類の集中力欠いた失点は毎試合1点覚悟していますw)後半5分羽地同点ゴール!!!通算6点目!!羽地はよくハズすけどよくや..
Weblog: 東四国蹴球倶楽部
Tracked: 2005-06-26 01:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。