2005年08月07日

あと1本、あと2人

今日は甲子園球場で全国高校野球選手権大会の1回戦4試合を観戦した。
四死球やエラーが多く、やや締まりのない試合が多かったが、
「あとヒット1本で同点」「あと2人で・・・」といったスリリングな場面もあり、
それなりに楽しめた。

第一試合は、春夏通じて初の甲子園出場となる別府青山高(大分)が、
3年連続出場の常連校・東北高(宮城)を相手に中盤まで互角の試合を展開。
さすがに明治神宮大会優勝の柳ヶ浦高を破って出てきただけのことはあると
感心させられたが、徐々に突き放されて、結局2-7で敗れた。

第二試合は、市立秋田商業高と遊学館高(石川)の対戦。
秋田商は、エース佐藤が出塁中に送球を頭に受けるアクシデントで早々と退き、
控え投手の大友がよく投げたものの、度重なる守備の乱れもあって
7回までに1-8の大量リードを許した。地方大会ならコールド負けの点差だ。

しかし、8回に2点、そして9回には3点を返し、6-8の2点差に迫った。
なお満塁で、一打同点、長打が出れば逆転の場面だったが、
打席に立ったリリーフ投手の大友は空振り三振、追撃もあと一歩届かず、
遊学館が薄氷を踏む思いで2回戦へ駒を進めた。

秋田商のスタメンにはジモンと鎌田が(笑)

第三試合は桐光学園高(神奈川)と近江高(滋賀)の対戦。
桐光学園は注目の速球派投手・山室を先発させたが、
4連続四球を出すなど大乱調で、1回表に近江にいきなり5点を献上してしまった。
しかし、地力に勝る桐光学園はじわじわと追い上げ、
5回に6連打などで5点を挙げて一気に試合をひっくり返した。

近江も最後まで食らいつく粘りを見せ、最終回には8-9の1点差に迫り、
なお二死二塁で打席には県大会2本塁打の主砲・伊奈。
同点、あるいは一気に逆転も期待できる場面だったが、伊奈はあえなく三振。
桐光学園がかろうじて逃げ切った。

第四試合は聖光学院高(福島)と佐賀商業高の対戦。
佐賀商は立ち上がりから守備の乱れによる失点を繰り返し、
エース江口が4回までに自責点0ながら7点を失って降板する大誤算。

また、佐賀商打線は聖光学院・舟田投手の変化球に
全くタイミングが合わず、9回一死まで無安打。
ノーマークの投手が11年前の全国制覇校を相手に無安打無得点試合達成か?
と球場全体が異様な雰囲気に包まれたが、あと2人というところで
一番・中山に三塁線を破られ、大記録の夢は潰えた。

「大記録まであと2人」を示すスコアボード

佐賀商は中山の二塁打を足がかりに一死二三塁のチャンスをつかんだが、
後続はポップフライ2本に終わり、一矢報いることもできずに敗退した。
聖光学院・舟田は快挙こそ逃したものの、見事な1安打完封勝利だった。

○2005年8月7日・全国高校野球選手権1回戦
別府青山高|000000020|2
東 北 高|10001212×|7

東北の先発は、私が宮城で観戦できなかったエースの高山 別府青山の米村投手は5回を投げて自責点2の好投

○2005年8月7日・全国高校野球選手権1回戦
市立秋田商業高|000000123|6
遊 学 館 高|30002030×|8

秋田商の先発・佐藤はアクシデントで退場 遊学館の四番・鈴木は走攻守すべてで魅せた

○2005年8月7日・全国高校野球選手権1回戦
近 江 高|501000101|8
桐光学園高|01115001×|9

近江の四番・伊奈は二塁打で実力の片鱗を見せた 桐光学園の石渡はロングリリーフで8回10奪三振

○2005年8月7日・全国高校野球選手権1回戦
聖光学院高|200522000|11
佐賀商業高|000000000|0


佐賀商・江口投手は自責点0ながら4回7失点で無念の降板 聖光学院・舟田投手は大記録こそ逃したが、1安打完封勝利


posted by ナカヲ at 21:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

高校野球☆大会2日目☆甲子園
Excerpt: 第1試合: 別府青山(大分) 2 - 7 東北(宮城) 別府青山は合計9安打。 東北は合計13安打。 初出場の別府青山は甲子園初勝利ならず、 東北の勝利。 第2試合: 秋田商(秋..
Weblog: ゾエダスニュース☆
Tracked: 2005-08-07 22:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。