2007年10月17日

BCリーグ初代王者は石川

北信越BCリーグは昨日、石川県立野球場で首位の石川ミリオンスターズと
1.0ゲーム差で追いかける2位・富山サンダーバーズの最後の直接対決が行われ、
16-5で勝ったホームの石川が栄えある初代チャンピオンに輝いた。
石川ミリオンスターズ 優勝決定!

その結果、北信越BCリーグと四国アイランドリーグの年間王者同士が激突する
「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2007」は、石川ミリオンスターズと
香川オリーブガイナーズの間で争われることになった(開幕は今週末の20日)。
四国ILと北信越BCLとのグランドチャンピオンシップの開催概要について(PDF)

第2戦までは石川県立野球場で、第3戦以降はサーパススタジアムで行われ、
先に3勝したチームがチャンピオンに輝く(5試合を終えてどちらのチームも
3勝に届かなかった場合は、勝ち越しているチームが優勝。同率なら両者優勝)。
王者同士の対戦にふさわしい、熱い戦いを披露してほしいものだ。


posted by ナカヲ at 23:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。