2007年11月15日

浦和レッズがアジア王者に

昨日、埼玉スタジアム2002で行われたAFCチャンピオンズリーグの決勝第2戦、
浦和レッドダイヤモンズ対セパハンが地上波で生放送されたのでTV観戦した。

私は、基本的にスポーツは試合会場で生観戦するものだと思っているので、
めったにTV観戦はしない。Jクラブの試合を地上波の生放送で観戦したのは、
ヴォルティスがJリーグに参入してから初めてのことだと思う。

浦和は前半、立ち上がりから試合を優位に進め、FW永井のゴールで先制した。
しかし、後半はDFラインが下がりすぎてセパハンの猛攻を受けて大苦戦。
それでも永井のシュートのこぼれ球をMF阿部が頭で押し込み、2-0で勝った。
強いチームは押されていてもきっちり得点を奪い、最後には勝利するものだ。
アジアチャンピオンおめでとう、浦和レッドダイヤモンズ!

TVでは現場の雰囲気はたいして伝わらないが、それでも十分に感動した。
昨夜、現場に居合わせたサポーターは本当に幸せだと思う。
ヴォルティスのサポーターもいつかはああいう経験をしたいものだ。

地勢や人口の違いなど、諸条件を考えれば決して簡単なことではないが、
不可能と思ってあきらめたらそれまで。夢の実現に向けて努力していきたい。
J2優勝がJ1昇格につながり、J1優勝がACL出場につながり、
ACL優勝がクラブワールドカップ出場につながっている以上、
世界の頂点に立つ可能性だって決してゼロではないのだから。


posted by ナカヲ at 12:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。