2007年11月16日

交流戦はスコアレスドロー

四国アイランドリーグの香川オリーブガイナーズと愛媛マンダリンパイレーツは昨日、
松山中央公園野球場(坊っちゃんスタジアム)でキャンプ中のNPBスワローズと
交流試合を行ったが、試合は0-0の引き分けに終わった。
香川OG・愛媛MP混成チームが東京ヤクルトと引分、惜しくも勝利ならず!(PDF)

香川・愛媛連合チームは、浦川(愛媛)、小山内(愛媛)、塚本(香川)、
橋本(香川)、森(愛媛)、亮寛(香川)、天野(香川)の投手リレーで
スワローズ打線をわずか4安打0点に抑え、ピンチらしいピンチは3回裏の
無死二塁くらいしかなかった。

しかし連合チームの打線は、3回には四死球と近藤洋(香川)の安打で一死満塁、
6回には元香川の伊藤秀範投手を攻めて二死一三塁とチャンスをつかみながらも
あと一本が出ず、スワローズの7投手のリレーに5安打無得点に抑えられた。
NPB入りへの最後のアピールが実ったかどうか。ドラフト会議は3日後だ。


posted by ナカヲ at 01:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。