2007年11月19日

育成ドラフト、ILから5選手

今年も通常のドラフト会議に続いて、育成選手ドラフトが行われ、
四国アイランドリーグからは以下の5選手が指名を受けた。
愛媛マンダリンパイレーツからは梶本達哉投手がオリックスに指名され、
高知ファイティングドッグスからは小山田貴雄捕手がスワローズに、
そして宮本裕司捕手と白川大輔内野手がマリーンズに指名され、
徳島インディゴソックスからは小林憲幸投手がマリーンズに指名された。

徳島インディゴソックスからのNPB入りは球団創設3年目で初めて。
また、白川大輔内野手は今シーズン限りで高知を退団し、来シーズンは
徳島に移籍することが決まっていたのだが、まさかのNPB入りとなった。

過去に育成選手としてNPB入りした四国アイランドリーグ出身選手は
西山投手、中谷内野手、伊藤投手と3人とも一軍昇格を果たしているので
今回指名された5人にも、ぜひ後に続いてもらいたい。


posted by ナカヲ at 17:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。