2007年11月21日

四国銀行、松下破り8強へ

京セラドーム大阪で開催中の社会人野球日本選手権大会に出場している
四国銀行(高知)は今日、松下電器(大阪)と2回戦を戦い、4-3で勝って
見事にベスト8入りを果たした。

四国銀行は0-0で迎えた5回裏に一挙4点を先制、終盤にエースの東出投手が
松下電器の中軸打線に打たれたものの、リードを守りきって4-3で勝った。

四国勢のベスト8入りは1995年のNTT四国以来12年ぶりだ。また四国銀行の
ベスト8入りは1988年以来19年ぶりで、このときはベスト4まで勝ち進んでおり、
準々決勝のトヨタ自動車戦で最高成績タイを狙うことになる。

それにしても、初戦で都市対抗最多勝利数を誇る新日本石油ENEOSを破り、
2回戦では日本選手権最多勝利数を誇る松下電器を破った四国銀行の快進撃は
本当に素晴らしい。今夏の都市対抗で、13度目の挑戦にして悲願の初勝利を
挙げたことが大きな自信になっているのだろう。準々決勝も期待したい。


posted by ナカヲ at 19:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。