2007年11月30日

今年こそ、勝って終わろう!

いよいよ明日で2007年シーズンも終わる。最終戦の相手はベガルタ仙台だ。
今シーズンの仙台との対戦成績は1勝1分1敗の五分。第1クールのホームゲームは
MF岡本の直接FKとDF河野のロングシュートで2-2のドローに持ち込み、
第2クールのアウェイゲームはMF丹羽とMF石田のゴールで2-1と逆転勝ち、
しかし第3クールはFW長谷川のゴールで先制しながら1-2の逆転負けを喫した。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝4分5敗と負け越しているが、アウェイでは
逆に2勝2分1敗と勝ち越している。ユアテックスタジアム仙台はヴォルティスが
唯一勝ち越しているスタジアムであり、非常に相性がいい。

さて、ベガルタ仙台は現在4位。前節まで入れ替え戦出場の可能性があったのだが、
前節、3位争いの相手・京都に敗れてJ1昇格の可能性が完全に消滅してしまった。
ホームでの最終戦とはいえ、モチベーションの低下は避けられないだろう。

一方のヴォルティスは前節、草津とのホーム最終戦で8試合ぶりのゴールを決め、
連敗も7でストップしたものの、10試合ぶりの白星を手にすることはできず、
とうとう水戸に抜かれて最下位に転落してしまった。

自力での最下位脱出は不可能だが、水戸の相手はJ1昇格のかかった札幌であり、
水戸が負けてくれる可能性も十分にある。水戸が負ければヴォルティスは
引き分け以上で最下位脱出(勝ち点で並んでも得失点差で上回るため)、
水戸が引き分けなら勝てば最下位脱出ということになる。

前節に引き続いてMFダ・シルバが出られないのは痛いが、
アンドレ、丹羽、挽地は復帰するので、中盤の選手層はだいぶ厚くなるはずだ。

期待したい選手は何と言ってもMF熊林。前回対戦時には警告累積で
出場できなかったので、レンタル移籍後初めての古巣との対戦となる。
しかも仙台は昨日、熊林との契約を更新しないと発表している。
自分を戦力外にした古巣を相手に、強烈な恩返しゴールを期待したい。
契約満了選手のお知らせ(ベガルタ仙台公式サイト)

ヴォルティスはJリーグ参入以降、最終戦で勝ったことがない。
それどころか、勝ち点を挙げたことも、得点を挙げたこともない。
(昨年はモンテディオ山形に0-5、一昨年は水戸ホーリーホックに0-1。)
また、勝ち点は去年の35に対して今年は現在33。去年より少ないのだ。
最終戦を勝利で締めくくり、少しでも昨年から進歩したところを見せてほしい。

【J2:第52節 仙台 vs 徳島】プレビュー:仙台と徳島の双方にとって、
このシーズンを後悔のまま終わらせないためにも、今季最後の90分でやるべきことはある。


白星で締めくくれるか 1日、仙台戦


posted by ナカヲ at 18:09| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
では選手たちに一言、
勝 利 の 為 な ら 味 方 さ え も 欺 け ! !

…えぇ、最下位脱出の為ならこうでも言わないとね、はい。
Posted by ナオキ at 2007年12月01日 02:46
>ナオキさん
ベガルタ、モチベーション下がるどころか、ふつうに本気でしたね。
まあ、プロたるもの、それが当たり前ですが。
Posted by ナカヲ at 2007年12月03日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。