2007年12月01日

対ベガルタ仙台@ユ仙台

◎Jリーグ2部第52節 2007年12月1日
 (ユアテックスタジアム仙台)観衆16,716人

ベガルタ仙台  2(0−0)0  徳島ヴォルティス
         (2−0)

得点:仙=ロペス(48分)、萬代(68分)
警告:徳=片岡(24分)

(ベガルタ仙台)
GK 林
DF 菅井
   木谷
   岡山
   磯崎(→86分、田村)
MF 永井(→82分、富田)
   ジョニウソン
   梁勇基
   ロペス
FW 萬代
   中島(→76分、田ノ上)

(徳島ヴォルティス)
GK 鈴木
DF 塩川
   アンドレ
   石川
   西河
MF 丹羽
   片岡(→70分、小林)
   熊林
   長谷川(→55分、大島)
FW 阿部
   石田


今日はいよいよ今シーズンの最終戦。
ユアテックスタジアム仙台でベガルタ仙台との対戦だ。
12月の東北地方なので寒いかと思いきや、それほどでもない。

ベガルタはすでに昇格の可能性が消滅したが、前節まで昇格の可能性が
残っていたために前売券が売れていたこと、そして最終戦ということもあり、
来場者が16,000人を超えた。ヴォルティスがこれほどの大観衆の中で
プレーするのは、2年前の福岡昇格試合以来のこと。歴代3位の観客数だ。

キックオフ30分前のユアテックスタジアム仙台

スタメンには出場停止明けのアンドレ、丹羽が復帰。
また、前節初ゴールを決めた西河も右SBで復帰し、左SBには塩川が入った。

スタメン発表

戦力外通告を受けたFW小林はベンチスタート。途中出場に期待したい。
また、熊林はヴォルティス移籍後初の仙台戦。こちらも楽しみだ。

ピッチ内アップ中のFW小林 ピッチ内アップ中のMF熊林

しかし前半は仙台が押し気味に試合を進める。ヴォルティスもチャンスが
全くないわけではないが、決定的なチャンスは圧倒的に仙台に多い。

7分、DFアンドレがよく走って相手選手に追いつき、ナイスクリア。
15分にはGK鈴木が素晴らしい反応で相手のシュートをセーブ。
25分にも鈴木が決定的な一対一の場面でスーパーセーブを見せた。
29分の仙台のFKは直接ゴールの右上角に当たって、ひやりとした。
39分、左クロスからMFロペスがヘディングシュートを放つがクロスバーの上。

ヴォルティスはいつ点を取られてもおかしくない内容ながら、鈴木の活躍と
相手の決定力不足に助けられて、何とか0-0で前半を折り返した。

後半に入っても仙台のリズムは変わらず、3分にMF梁勇基が蹴った右CKを
ニアサイドのロペスが頭で合わせ、ついに仙台が1点を先制した。

その後、9分にも決定的なピンチがあったが、鈴木が一対一をよく止めた。
13分にも鈴木がスーパーセーブ。20分にも鈴木が一対一をよく止めた。
しかし23分、DF菅井の右からの折り返しをFW萬代が豪快にボレーシュート。
これが鮮やかに決まって仙台がリードを2点に広げた。

30分頃からヴォルティスも反撃に転じたが、34分のFW阿部のシュートは
GK林が弾き、43分のFW大島のシュートも決まらず。
結局、0-2のまま試合終了の笛が鳴った。

12位の水戸が札幌に敗れたため、ヴォルティスは引き分け以上で最下位を
脱出できたはずなのだが、残念ながら敗れて2年連続の最下位が決定。
それ以上に、今年もまた最終戦で勝ち点も得点も挙げられなかったのは残念だ。

試合終了後、挨拶に向かう選手たち

試合後、スタジアムではベガルタ仙台のファン感謝セレモニーが行われたが、
アウェイゴール裏では同時刻にサポーターのミーティングを開いていたため、
残念ながら見られず。

ベガルタ仙台、ファン感謝セレモニー

徳島、2年連続で最下位

[ J's GOAL ]ゲームサマリー


posted by ナカヲ at 15:53| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も皆勤応援お疲れ様でした、最終戦が無得点は何か残念ですね。思えば春先「今年の徳島は違うぞ」と感じる場面もありましたが・・、シーズン通して戦う大変さを痛感します。オフの動向にもお互い注目していきましょう。
Posted by O@西田辺 at 2007年12月01日 22:34
こんばんは。m(__)m
今日は最下位脱出、最終戦勝利のためなら手段を選ばず勝たなければならないという非常に厳しい条件の下での応援・試合レポートご苦労様でした。
そして、今シーズンもいろんなことがありましたが、嬉しかったこと、辛かったこと全て含めてお疲れ様でございました。

…さて、来シーズンに向けて指笛の練習でもしましょうかね?
どうか来年はホームで4勝以上出来ますように。
(-人-;)
Posted by ナオキ at 2007年12月02日 00:38
ナカヲさま:
1年間、いつも応援&観戦レポートをお疲れ様でした。
毎回楽しんでwebを拝見してました。
最終戦、悔いが残ります。。
選手個人の力の差でしょうか?
(FW黒部、徳島に来てほしい!!)

厳しい2年間があっという間に過ぎましたが、
今年は来年へ向け収穫あったシーズンと思います。
サブを含め後半戦で多く出場したメンバーが
チームに残ってもらえたら、来年は面白くなる!
メンバーが固定しなかったのが今年の敗因のように見えます。
(本当の原因はスタミナ切れする体力と、絶えない怪我人??)
浦和レッズもJ発足当初の数年間は、苦しんで
また、苦しんで、今の実力になっています。
レッズに見習うところは多いです。徳島をこれからも
応援し続けること、それしかありません。

自分の総括;
今年のホーム観戦回数、たったの3回。。。(前年比減・猛反省)
来年も宜しくです!!
Posted by 遠くから応援してます。 at 2007年12月02日 13:52
>O@西田辺さん
1年間お疲れ様でした。あ、そちらはまだ追試がありますね。頑張ってください!

「最終戦が無得点」と言っても、ラスト10試合中8試合が無得点でしたから・・・。
河野が抜けて守備力が落ち、羽地が抜けてさらに点が取れなくなりました。
でも1位と2位には勝っているし、3位にもアウェイで2度引き分けたんですよね。

>ナオキさん
1年間お疲れ様でした。なかなか喜べる試合を見せてくれないチームですけど、
その分、勝った時の喜びは大きかったですよね。
4勝とか言わず、来年はホームで二桁くらい勝ちたいです!

>遠くから応援してます。さん
こちらこそ毎回読んでいただき、コメントもいただき、ありがとうございました!
継続は力なりという言葉もあるように、地道に続けていくしかないですよね。
浦和だってガンバだってかつては弱かったんです。甲府も3年連続最下位から
4年でJ1へ行きましたし、今年J2優勝の札幌だって3年前は年間5勝ですからね。
今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by ナカヲ at 2007年12月03日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。