2007年12月01日

びわこ、B神戸が勝ち点4

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われている全国地域リーグ決勝大会は今日、
決勝ラウンド第2日の2試合が行われ、バンディオンセ神戸はファジアーノ岡山FCを
スコアレスドローからPK戦の末に4-2で下し、またFC Mi-O びわこ Kusatsuは
ニューウェーブ北九州に90分間で1-0で勝ち、いずれも勝ち点を4に伸ばした。

得失点差で首位はびわこ、2位がバンディオンセとなり、3位には勝ち点3の岡山、
そして4位には勝ち点1の北九州がつけている。

ただ、1位から4位までが勝ち点差3の中にひしめき合っている状況なので、
最終日の結果次第で4チームすべてに昇格の可能性と最下位の可能性がある。
北九州以外の3チームは90分で勝てば2位以内が決まるし、北九州も3位には入れる。
ここまで4試合中3試合がPK戦にもつれ込んでいることからも分かるように、
この4チームの間に力の差はほとんどないのだろう。
JFL入りを賭けた熱い戦いから最後まで目が離せない。


posted by ナカヲ at 23:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。