2007年12月02日

大森健作選手、現役引退

徳島ヴォルティスは今日、大森健作選手が現役を引退すると発表した。
明日の「シーズン終了謝恩会」で本人からコメントが発表されるとのこと。
大森 健作選手 引退のお知らせ

大森選手はホーム最終戦の後、ヴォルティスから戦力外通告を受けたことを
自身のブログで明らかにしていたが、故障がちな足、そして年齢的なこともあり、
移籍先探しではなく引退という選択をしたようだ。

大森選手は2005年に四国出身選手第1号としてヴォルティスに加入したが、
その後はまさに故障との戦いの連続だった。1年目のシーズン後半にCBとして
活躍した印象が強いが、本職の左SBとしてプレーする姿をもっと見たかった。

札幌へ遠征するたびに、コンサドーレのサポーターに「健作は元気ですか?」と聞かれ、
本当に愛されていたんだなあ、と実感したものだった。
現役生活、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!


posted by ナカヲ at 20:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。