2007年12月03日

熊本と岐阜のJ加入が決定

Jリーグは今日、都内で臨時理事会を開き、今シーズンのJFLで2位に入った
Jリーグ準会員のロッソ熊本と、同じく3位に入ったJリーグ準会員のFC岐阜の
来シーズンからのJリーグ参入を正式に承認した。
ロッソ熊本、FC岐阜がJリーグ入会

これによって、来シーズンのJ2リーグは15チームで争われることになり、
4回戦制から3回戦制へ移行する。3年続けて奇数チームでのリーグ戦になる点や、
同一カードでホームとアウェイの試合数が違うという不公平感も気にはなるが、
52節から45節になって平日開催が減るのはサポーターとしてはありがたい話だ。
また、1チーム当たりの年間試合数も48から42に減ることになる。

なお、JFLから2チームが昇格したため、最下位・アルテ高崎のJFL残留と
全国地域リーグ決勝大会3位のFC Mi-O びわこ KusatsuのJFL昇格も決定した。

ロッソ熊本、FC岐阜、FC Mi-O びわこ Kusatsuの関係者、サポーターの皆様、
本当におめでとうございます!

ちなみに、ヴォルティスはロッソ熊本とは公式戦で対戦したことがないが、
大塚FC時代に前身のNTT西日本熊本、アルエット熊本と対戦している(2勝1分)。
また、FC岐阜とは今年の10月に天皇杯3回戦で対戦し、2-0で勝っている。
Jリーグでも対戦成績負けなしを継続したいものだ。


posted by ナカヲ at 17:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。