2007年12月05日

入れ替え戦、京都が先勝

今日は京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場へJ1・J2入れ替え戦、
京都サンガFC(J2)対サンフレッチェ広島(J1)の第1戦を見に行った。

電光掲示板にも入れ替え戦の表示が

入れ替え戦を観戦するのは昨年の第1戦以来2度目。独特の緊張感がたまらない。
12月のナイトゲームということでかなり冷え込みの厳しい中での試合だったが、
両チームのサポーターは早い時間帯から熱く盛り上がり、キックオフの頃には
スタンドはびっしりと埋まっていた。

早くから集まったサンフレッチェサポーター びっしりと埋まったバックスタンド 盛り上がるサンガサポーター

サンガの応援席にはチームカラーのバナーや、ユーモアのあるゲートフラッグも登場。

サンガ側のバナー サンガ側のバナーその2 笑ってしまうゲートフラッグを発見!

スタメン発表。サンフレッチェのメンバーのあまりの豪華さに驚く。
このメンバーでどうして入れ替え戦に回ってしまったのか。
サンガはFWパウリーニョが復帰。先日引退を発表したDF秋田もベンチ入り。
サンガの注目選手は、最近よく評判を聞く右SB渡邉だろうか。

今季限りでの引退を表明しているDF秋田の紹介

試合開始。前半、まず立ち上がりに広島がチャンスをつかんだが、
FW佐藤のシュートが枠を外れるなどして先制ゴールは奪えず。
その後、試合の主導権は京都へと移り、豊富な運動量とサイド攻撃でチャンスを作る。

そして28分、渡邉の右クロスを広島GK下田が弾き、これに反応したFW田原が
ヘディングシュートを決めて京都が先制。
39分には右CKのクリアを拾った渡邉が再び右からクロスを入れると
またしても田原がヘディングでゴールを決め、京都が2-0とリード。
前半終了間際には広島、京都ともに惜しいチャンスがあったが決めきれず。

後半も一進一退の攻防から次第に京都ペースになっていったが、
惜しくもクロスバーやポストに阻まれて追加点は奪えない。
そして京都の選手に疲れが見え始めた終盤に広島が猛攻を仕掛け、
長い間ゴールのない不振のFWウェズレイに代わって投入されたFW平繁が、
43分に佐藤のシュートをGK平井が弾いたこぼれ球を押し込んで1点を返した。

試合はそのまま終了。第1戦はホームの京都が2-1で制した。
広島は個人技に頼り過ぎて組織的なサッカーができておらず、
スコア的にも内容的にも京都の方が上だった。

試合終了後のスコアボード

ただ、京都としては終了間際に痛い失点を喫し、素直には喜べないだろう。
というのは、広島は0-2から1点を返したことで勢いをつけて第2戦に入れるし、
アウェイゴールを考えるとこの1点には単なる1点以上の価値があるからだ。
これで第2戦がますます楽しみになってきた。

[ J's GOAL ]ゲームサマリー

◎J1・J2入れ替え戦第1戦 2006年12月5日
 (京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)観衆12,637人

京都サンガFC 2(2−0)1 サンフレッチェ広島
         (0−1)

得点:京=田原(28分、39分)
   広=平繁(88分)
警告:京=田原(45分)、中谷(80分)
   広=服部(19分)、戸田(84分)

(京都サンガFC)
GK 平井
DF 渡邉
   角田
   森岡
   手島
MF 石井
   斉藤
   中谷
FW 中山
   パウリーニョ(→84分、倉貫)
   田原(→74分、西野)

(サンフレッチェ広島)
GK 下田
DF 森崎和
   ストヤノフ
   槙野
MF 駒野
   戸田
   服部(→64分、李漢宰)
   森崎浩(→45分、盛田)
   柏木
FW ウェズレイ(→70分、平繁)
   佐藤


posted by ナカヲ at 22:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。