2007年12月11日

浦和レッズが準決勝へ

先週末に開幕したFIFAクラブワールドカップジャパン2007は昨日、豊田スタジアムで
準々決勝の浦和レッズ(アジア代表)対セパハン(アジア第2代表)が行われ、
浦和レッズが3-1で勝って準決勝へコマを進めた。

日本の冬の寒さに慣れないセパハンに対して、浦和は序盤から主導権を握り、
前半32分に相馬のクロスに永井が合わせて先制、後半9分にはワシントンの
技ありシュートで加点した。さらに後半25分にはまたしても相馬のクロスから
永井のシュートが相手のオウンゴールを誘って3-0。終盤に1点を返されたものの、
3-1のスコアで逃げ切った。日本のクラブがこの大会で勝つのはもちろん初めて。

浦和は先月のACL決勝でセパハンを破った後、Jリーグと天皇杯を合わせて
公式戦で4試合連続無得点(もちろん勝利もなし)と絶不調に陥っていたが、
セパハンとの再戦で調子を取り戻した。準決勝のACミラン戦が楽しみだ。


posted by ナカヲ at 18:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。