2007年12月16日

ヴォルティス納めはドロー

今日も高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の一次ラウンドを見に
徳島市球技場へ行ってきた。今日は曇りがちで風が強く、昨日よりも寒かった。

一次ラウンドも今日が最終日。ヴォルティスジュニアユースは昨日の段階で
一次ラウンド敗退が決まっており、今日の試合が今シーズンの(下部組織を含めた)
ヴォルティスの最後の全国大会となる。最後は勝利で締め括ってもらいたいものだ。

第一試合はグループHの2試合がメインとサブで同時に行われる。
(ヴォルティスの入っているグループFは第二試合。)
メインで行われるのは帝人サッカースクール対ヴィッセル神戸ジュニアユース。
同じ四国の代表として帝人サッカースクールには頑張ってほしいところだが、
自力で一次ラウンドを突破するための条件は5点差以上での勝利。これは厳しい。

帝人サッカースクールのスタメン

試合は前半から最後までほとんど神戸のリズムで進み、帝人は防戦一方。
前半1分、まずは帝人がゴール正面ながら距離のあるFKを直接狙い、
シュートはゴール左端を襲ったが、神戸GK松村が何とかセーブした。
神戸は5分、相手ゴール前での混戦からボレーシュートを放つがGKの正面へ。

その後も神戸が優位に立ちながらなかなかゴールを奪えなかったが、
ついに18分、DF長尾が左から上げたクロスにFW浜口が頭で合わせると、
これが帝人GK濱本のファンブルを誘い、神戸が先制ゴールを挙げた。
これを皮切りに神戸のゴールラッシュがスタートする。

21分にはMF和田のスルーパスにFW小川がDFラインの裏へ抜け出し、
相手GKを左へかわして2点目のゴール。
25分にはMF片岡のインターセプトから浜口へパスが通り、正面からゴール。
32分にはMF三輪が相手GKの軽率なパスをインターセプトして
そのままゴールへミドルループを決めた。4-0で前半終了。

相手選手と競り合う神戸MF三輪

後半に入っても神戸の猛攻は続く。
3分にはシュートを相手GKが弾いたところへFW白岩が詰めて5点目。
5分には小川がドリブルで突破し、飛び出してきた相手GKをかわして6点目。
12分の神戸のシュートはGK濱本が弾いた後、クロスバーに当たって外れたが、
16分には和田の左CKにMF峯崎が頭で合わせて7点目。
17分にも峯崎からパスを受けた小川が決めて8点目。
20分には小川からのパスに抜け出した白岩が9点目のゴールを決めると、
1分も経たないうちに小川からのパスを受けた浜口が右から決めた。
28分には白岩が相手のパスをインターセプトしてゴールに迫り、
右からのパスをゴール前の峯崎がヒールで決めて11-0。

それでも帝人は30分、左寄りの比較的距離のあるFKに途中出場のFW白須が
頭で合わせて意地の1点を返した。

意地のゴールを決めた帝人FW白須

しかしその後も神戸はちゃくちゃくと得点を重ねていく。
34分には堀江がゴール正面から放ったグラウンダーのミドルシュートが
左ポストを叩いてゴールイン。38分にも和田がミドルシュートを決めて13点目。
ロスタイム1分にも小川が抜け出して14点目のゴールを決めた。

そのまま試合終了。一試合で14得点、両チーム計15得点は私の観戦歴で最多。
個でも組織でも神戸が上まわっており、まったく勝負にならなかった。

試合終了時のスコアボード

帝人サッカースクールは四国予選の決勝でヴォルティスジュニアユースを破り、
今大会の初戦では海星中を破っているのだが、今日の戦いぶりを見ると
そのことが信じられない。どう考えてもヴォルティスや海星中の方が強い。
ただ、最後までボールを追い掛けるひたむきさは伝わってきた。
その気持ちが結果に結び付いたのが上記の2試合だったのかもしれない。

続く第二試合は徳島ヴォルティスジュニアユース対三田学園中(兵庫)。
どちらもすでに2敗して決勝ラウンド進出の可能性が消えてしまったが、
最終日に1勝を挙げて意地を見せたいところだ。

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GK津司、DFは右から戎、米田、尾崎、藤本。
MFは右から成木、奥村、大西、古谷。FWは西岡と橋井。
守備の要・宮本が警告累積で出られないのに加えて、突破力のあるMF桑島が
なぜかベンチにも入っていない(体調不良?)。
おかげでいつもと違うポジションを任された選手も多く、やや不安だ。

ヴォルティスジュニアユースのスタメン

試合は前半から三田学園のペースで進み、ヴォルティスの選手は動きが悪い。
疲れで体が動かないのか、慣れないポジションに戸惑っているのか・・・。

三田学園は9分、ゴール右からのクロスがゴール前でフリーの選手に通ったが、
シュートを上にふかした。28分にも三田学園の選手がGK津司をかわして
シュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

空中のボールを競り合う両チームの選手

ヴォルティスは29分にMF奥村が正面からミドルシュートを放ったがGK正面へ。
30分に三田学園はカウンター攻撃で左からシュートを放ったが、右に外れた。
35分にも三田学園は左クロスからゴール前でフリーの選手がシュートしたが、
これはクロスバーに当たって枠の外へ。
ヴォルティスは38分、DF藤本の左クロスがゴール前のFW西岡にわたったが、
シュートできず相手DFにクリアされてしまった。

いい位置でのFKもゴールには結びつかず

後半も三田学園のリズムで試合が続く。
ヴォルティスは9分にMF古谷から立岩へ、17分にMF成木から倍味へ交代。
24分に三田学園の選手が裏へ抜け出してGK津司と一対一になったが、
シュートは津司の正面へ。
27分には三田学園のシュートをGK津司が弾き、さらにそのこぼれ球を
フリーの選手にシュートされたが、クロスバーを越えて事なきを得た。
ヴォルティスは38分に西岡を下げて福住を投入するが、そのまま試合終了。

試合終了時のスコアボード

結局、試合はスコアレスドロー終わり、ヴォルティス、三田学園ともに
1勝どころか1ゴールも決められなかった(勝ち点1だけは確保したが)。
とくに今日のヴォルティスは、攻守のキープレイヤーを欠いていたとはいえ、
試合内容では完敗。有終の美を飾ることはできなかった。
この悔しさを忘れずに練習を積み重ね、今後の成長につなげてほしい。

3年生はお疲れ様。ユースに進む選手はまた全国レベルに挑戦していきましょう!
そして下級生は来年こそは決勝ラウンドへ進めるようにまた頑張りましょう!

◎高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンドHグループ第3戦
 (徳島市球技場)観衆300人

帝人サッカースクール 1(0−4)14 ヴィッセル神戸ジュニアユース
            (1−10)

得点:帝=白須(70分)
   神=浜口(18分、25分、60分)、小川(21分、45分、57分、79分)、
     三輪(32分)、白岩(43分、60分)、峯崎(56分、68分)、
     堀江(74分)、和田(78分)
警告:帝=矢野(56分)、篠崎(62分)
   神=小原(70分)

(帝人サッカースクール)
GK 濱本(→65分、鵜久森)
DF 中野(→45分、小西)
   仙波
   川田(→55分、大重)
   井上
MF 二宮(→55分、矢野)
   篠崎(→63分、白須)
   東野
   豊川
   今井
FW 豊田(→21分、城本 →52分、川本)

(ヴィッセル神戸ジュニアユース)
GK 松村(→70分、前田)
DF 山下(→40分、清水)
   濱田
   長尾(→62分、小原)
   森下
MF 和田
   片岡(→56分、堀江)
   広田(→40分、白岩)
   三輪(→40分、峯崎)
FW 浜口(→62分、小林)
   小川

◎高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンドFグループ第3戦
 (徳島市球技場)観衆300人

徳島ヴォルティスジュニアユース 0(0−0)0 三田学園中
                 (0−0)

得点:なし
警告:徳=橋井(45分)

(徳島ヴォルティスジュニアユース)
GK 津司
DF 戎
   米田
   尾崎
   藤本
MF 成木(→57分、倍味)
   奥村
   大西
   古谷(→49分、立岩)
FW 西岡(→78分、福住)
   橋井

(三田学園中)
GK 板谷
DF 山本
   小山
   吉村
   橋本
MF 奥野
   足立
   七里(→60分、深田)
   猪熊(→73分、三宅)
FW 堂本
   泉谷


posted by ナカヲ at 17:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。