2007年12月21日

挽地、古田、小山と契約締結

徳島ヴォルティスは今日、MF挽地祐哉、GK古田泰士、MF小山拓土の各選手と
来シーズンの契約を締結したと発表した。
挽地祐哉選手と来季の選手契約締結
契約締結選手について(なぜ2つに分ける?)

挽地は今シーズン、右SH、ボランチ、左SBなど複数のポジションを任せられる
ユーティリティプレイヤーとして計40試合に出場した。ベンチに入った試合数は
チームのフィールドプレイヤー中最多の46試合だった。

また、古田は控えGKとして12試合でベンチに入ったが、出場機会はなかった。
昨年も出場機会がなかったので、5失点した2005年10月22日の甲府戦を最後に、
もう2年以上も公式戦から遠ざかっている。来シーズンは奮起を期待したい。

小山は攻撃的MFとして33試合に出場して3ゴール。出場試合数、ゴール数ともに
自己最多の数字を残した。今シーズン、チームで最も成長した選手の一人だろう。
来シーズンはいよいよレギュラーポジションを獲得してほしい。


posted by ナカヲ at 17:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。