2007年12月28日

城東高、今年は1回戦敗退

昨日、近鉄花園ラグビー場で全国高校ラグビーフットボール大会が開幕し、
今日の1回戦に四国勢4チームが登場したが、すべて敗退した。

昨年の大会で徳島県勢36年ぶりの初戦突破を果たした城東高(徳島)は、
2年連続の初戦突破を目指して日本航空第二高(石川)と対戦したが、
後半27分に意地の1トライを奪うのが精一杯で、8-34の完敗を喫した。

その他の四国勢は、高松北高(香川)が青森北高に3-69、土佐塾高(高知)が
北見北斗高(北海道)に0-42、北条高(愛媛)が本郷高(東京)に14-44と、
いずれも30点以上の差を付けられて大敗した。

四国勢の全チーム初戦敗退は3年ぶり。数年前までは初戦敗退が当たり前だったが、
一昨年は新田高(愛媛)、昨年は城東が初戦を突破してレベルアップを示しただけに、
今年の結果は残念だ。来年は四国勢4チームで2勝以上を目標に頑張ってほしい。


posted by ナカヲ at 16:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。