2008年01月27日

コンプリール、先勝も大苦戦

対話集会の後、田宮の徳島市陸上競技場へ移動して四国リーグ入れ替え戦を観戦。
対戦カードは徳島コンプリールSC(四国リーグ)対東レ愛媛(愛媛県リーグ)。

コンプリールは四国リーグで勝ち点1差に泣いて7位で入れ替え戦に回った。
一方の東レ愛媛は愛媛県1部リーグ3位ながら、上位2チームが大学勢のため
四国リーグチャレンジチーム決定戦に出場し、準優勝して入れ替え戦に進んだ。
今日は第1戦で、来週は愛媛県今治市で第2戦が行われる。

徳島県のクラブと愛媛県のクラブの対戦で、ユニフォームの色はオレンジ対青色。
というと、Jリーグを見ている人なら誰でも徳島が青色で愛媛がオレンジ、
という構図を思い浮かべてしまうが、実際は東レ愛媛が青色のユニフォーム、
徳島コンプリールSCがオレンジ色のユニフォームだ。まあそういうこともある。

両チームのスタメン

東レは繊維関係の会社だけあって(?)、選手にもおしゃれな人が多く、
半そでに赤い手袋とか、黄色いスパイクとか、外見で目立っていた。

半そでに赤い手袋 黄色いスパイク

前半は立ち上がりからコンプリールがパスをつないで相手DFの裏を狙い、
何度も決定的なチャンスを作ったが、フィニッシュが決まらない。
17分にはGKとの一対一からループシュートを狙うがクロスバーを越え、
19分にも決定的なシュートがポストの左を通過していった。

すると半ば過ぎから試合の流れが変わり、東レにもチャンスが出てくる。
28分、31分に立て続けにフリーの選手がシュートを放ったが、枠を外した。
36分にはコンプリールのGKが東レのシュートを2度も足に当てて止め、
失点の危機を何とか防ぐ。

苦しい時間を耐えたコンプリールは38分、右からのアーリークロスを
相手DFラインの裏へ通し、逆サイドのFW喜来がようやく先制ゴールを決めた。
直後の39分、コンプリールのGKがまたしても東レのシュートをスーパーセーブ。
コンプリールが1-0とリードして前半を折り返した。

攻め込むコンプリールと守る東レ

後半も最初はコンプリールのペースで始まったが、やはりシュートが決まらない。
逆に東レは17分、右CKのこぼれ球をもう一度拾って右からクロスを上げ、
これをゴール前の選手が頭で合わせたが、こちらもシュートは枠を外れた。

そして19分、コンプリールのFW桑山がレフリーの判定に文句を言ってしまい、
2枚目の警告を受けて退場。これで桑山は第2戦にも出られなくなり、
優位に試合を進めていたコンプリールは、一転して苦しい状況に追い込まれた。

東レのFKと守るコンプリール

しかしコンプリールは一人少なくなったことで逆に危機感が出てきたか、
数的不利を感じさせない戦いを見せる。23分には2列目からの飛び出しで
GKと一対一になるチャンスが生まれたが、シュートはGKがセーブ。
37分にもGKと一対一の状況を作ったが、これもGKに抑えられた。

41分には敵陣のペナルティアークすぐ右からのFKを直接シュートしたが、
ここでも東レのGKがパンチングで跳ね返した。前半はコンプリールのGKの
頑張りが目立っていたが、後半は東レのGKが獅子奮迅の活躍を見せた。

結局、試合は1-0のまま終了。コンプリールは勝つには勝ったが、
試合内容を考えても、第2戦が桑山不在のアウェイということを考えても、
もっと点差をつけたかったところだろう。第2戦も熱い戦いになりそうだ。

◎四国サッカーリーグ入れ替え戦第1戦 2008年1月27日13時キックオフ
 (徳島市陸上競技場)

徳島コンプリールSC 1(1−0)0 東レ愛媛
            (0−0)

得点:徳=喜来(38分)
退場:徳=桑山(64分=警告2枚)


posted by ナカヲ at 20:55| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。