2008年03月24日

栃木と岡山が開幕3連勝

日本フットボールリーグ(JFL)は昨日、各地で前期第3節の9試合が行われた。
日本フットボールリーグ

Jリーグ準加盟の栃木SCは、三菱水島FCを5-0と圧倒して開幕から3連勝、
得失点差で首位に立った。同じくJリーグ準加盟で、今シーズンから参入の
ファジアーノ岡山は昨シーズンの王者・SAGAWA SHIGA FCを相手にアウェイで
2-1の逆転勝ちを収め、こちらも開幕3連勝。元ヴォルティスFW小林康剛の
3試合連続ゴールこそ見られなかったが、昨シーズンの上位チームである
Honda FC、カターレ富山、SAGAWA SHIGA FCを連破しての3連勝には価値がある。

一方、横河武蔵野FCはFC刈谷と引き分け、Jリーグ準加盟のガイナーレ鳥取は
ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズに敗れ、ともに開幕3連勝を逃した。

Jリーグ準加盟組のうち、まだ白星のなかった2チームは明暗を分けた。
カターレ富山はアルテ高崎を2-1の逆転で下し、合併後初勝利をマーク。
現在の順位は9位だが、ここからの巻き返しに期待したい。

2試合引き分けが続いていたニューウェーブ北九州は、昨日私も観戦したが、
MIOびわこ草津との新加入対決に敗れてJFL初黒星。いいサッカーを
しているだけに結果が出ないのは残念だが、まだリーグは始まったばかり。
この1年でしっかりと足場を固めてほしい。


posted by ナカヲ at 20:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。