2008年03月26日

ジュニアユース、新人戦優勝

もう1週間近く前のことになるが、先週の20日に愛媛県の南海放送サンパーク
運動ひろばで四国クラブユースサッカー新人大会(U-15)の準決勝と決勝が行われ、
徳島ヴォルティスのジュニアユースは準決勝で香川県のシーガルFCを2-0、
決勝で愛媛FCを2-1で破って優勝した(決勝の結果は愛媛FCの公式サイトに
試合当日には掲載されていたのだが、ヴォルティスの公式サイトに載るのを
待っていたら、今さらの記事になってしまった)。
四国クラブユース新人大会結果

今月上旬に行われた川端杯徳島県U-14サッカー大会の決勝トーナメントでは
阿南FCにまさかの敗戦を喫したヴォルティスジュニアユースだったが、
今大会はグループリーグから全勝で頂点に立った。優勝おめでとう!

なお、ジュニアユース吉野川は、ヴォルティスジュニアユースと同じグループに
入ってしまったこともあり、残念ながらグループリーグ1勝2敗で敗退した。


posted by ナカヲ at 00:51| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
得点を決めたのはすべて新2年生なんですね。
この中から来年飛び級ってのもありえそう。
Posted by yamaemon at 2008年03月26日 09:05
>yamaemonさん
そう言われると確かに武田くんも大西くんも新2年生ですね。
JリーグU-13で関西の強豪と対戦した経験が生きているのかもしれません。
ユースへの飛び級なら現時点では中川くんが最有力かな? 楽しみです。
Posted by ナカヲ at 2008年03月26日 18:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。