2008年03月28日

好相性の平塚で開花宣言を

明日の対戦相手は湘南ベルマーレ。昨シーズンの湘南との対戦成績は1勝3敗だ。
第3クールまで3連敗したが、第4クールに2-0の完勝を収め、4タテを免れた。
ただ、その試合を最後にヴォルティスはリーグ戦で15試合白星に見放されており、
その時以来の湘南との対戦で、久々に勝利の喜びに浸りたいところだ。

Jリーグでの通算対戦成績は5勝2分5敗と全くの互角。また、アウェイでは
2勝1分3敗とわずかに負け越しているが、アウェイとしてはさほど悪くない数字だ。
昨シーズンはアウェイで2敗を喫したが、いずれも不運な退場者を出して
劣勢を強いられた試合で、内容的には決して負けていなかった。
湘南、そして平塚は、ヴォルティスにとってかなり相性のいい対戦相手、
スタジアムであると言っていいだろう。

さて、今シーズンの湘南はここまで2勝2敗の6位タイ。仙台と熊本に勝ち、
J1からの降格組・横浜FCと広島に敗れた。開幕前にいい補強をして
前評判はかなり高かったのだが、ここまではまずまずの位置につけている。

毎試合メンバーを入れ替える層の厚さを誇っており、スタメンは予想しづらい。
ただ、誰が出てきても攻守にバランスのとれたハイレベルなパスサッカーを
してくるのは間違いない。とくにMFアジエルに注意したい。

一方のヴォルティスはここまで1分3敗の最下位。ようやく前節の岐阜戦で
今シーズン初ゴールは奪ったものの、初勝利までの道のりはなかなか遠い。

前節はプレスの甘さや選手間の連係の悪さが目立ち、それが失点につながった。
また、パスで崩すというより前線へ放り込む単調な攻撃が多かった気もする。
そのあたりを改善しながら、もう一度積極的なサッカーを貫いてほしい。

フォーメーション的には、前節はDF麦田とMF大島を入れて4−4−2に
戻してから初ゴールが生まれたので、おそらく明日も4−4−2で行くだろう。
湘南とのサイドでの攻防が明暗を分けそうだ。

なかなかトンネルの出口が見えてこないヴォルティス。ただ、前節の
今シーズン初ゴールで、少しずつ流れが向いてきたようにも感じられる。
関東は今まさにお花見の季節と聞く。ヴォルティスも相性のいい平塚で
今シーズン初勝利を挙げ、「開花宣言」といきたいものだ。

29日、湘南戦 初勝利へ、チーム一丸
いい守備からリズムを 29日湘南戦、ピッチ広く使えるか

【J2:第5節 湘南 vs 徳島】プレビュー:
前節連敗を止めた湘南にとって、内容と結果を繋げたい大切な一戦。
一方の徳島も今季初勝利を掴みたい。


posted by ナカヲ at 20:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。