2008年03月31日

小林と冨士がゴール競演

日本フットボールリーグ(JFL)は先週末、各地で前期第4節の9試合が行われ、
開幕3連勝中の栃木SCとファジアーノ岡山はそろって勝ち、連勝を4に伸ばした。
日本フットボールリーグ

首位の栃木はアウェイでガイナーレ鳥取とのJリーグ準加盟同士の対決に臨み、
劣勢を強いられながらも85分に虎の子の1点をもぎ取って1-0で勝利を収めた。
また、岡山もニューウェーブ北九州とのJ準加盟&JFL新加入同士の対決に
元ヴォルティスFW小林康剛のゴールなどで4-2と競り勝ち、4連勝を飾った。
この試合では北九州のDF冨士祐樹もゴールを決め、ヴォルティスサポ的には
たまらない展開になった。ただ、北九州はチームとしてはここまで2分2敗と、
新加入3チームの中では唯一勝利がなく、苦しいスタートとなっている。

逆にMIOびわこ草津はアウェイでソニー仙台FCに逆転勝ちして3勝1分の勝ち点10。
同じく3勝1分の横河武蔵野FCとともに首位の2チームを勝ち点2差で追っている。

新加入組の好調さが目立つ一方で、昨年の上位陣は苦戦を強いられている。
連覇を狙うSAGAWA SHIGA FCは昨シーズンの最下位・アルテ高崎と引き分けて
またしても今シーズン初勝利を逃した。Jリーグ準加盟のカターレ富山も
昨シーズン17位のFC琉球に1-2で競り負けてここまで1勝1分2敗の勝ち点4。
まだ始まったばかりとは言え、Jリーグ参入へ向けて不安なスタートだ。
シーズンが終わったとき、どのチームが笑い、どのチームが泣くのか。
混戦模様のJFLから目が離せない。


posted by ナカヲ at 18:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。