2005年11月20日

IL選抜、NPB選手に力負け

昨日、高知市東部球場で行われた四国アイランドリーグ・オールスターチームと
NPBオリックスの交流試合は、6-2でオリックスが勝ったようだ。
四国リーグ選抜敗れる 2−6、オリックスと交流試合

オリックスはファーム中心のメンバー構成とはいえ、
先発の阿部投手など一軍で実績を残している選手もおり、
アイランドリーグ選抜は力の差を見せつけられる格好となった。

徳島インディゴソックスの選手では、一番打者をつとめたグレアム選手が
打っては4打数2安打、守ってもファインプレーを連発するなど大活躍。
指名打者に入った金谷選手も、2回に阿部投手からチーム初安打を放ち、
先制のホームを踏んだ。また、山口選手は途中出場で無安打、
山田選手は出番がなかったが、試合を通じてプロのレベルの高さを
感じとることができたのではないだろうか。

この経験を生かして、来年のドラフト会議で指名を勝ち取れるように
いっそう精進してレベルアップに励んでほしい。


posted by ナカヲ at 15:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。