2007年07月24日

福永が四国IL選抜に初選出

四国アイランドリーグは今日、今月31日に徳島県南部健康運動公園野球場
(アグリあなんスタジアム)でNPBドラゴンズと対戦するリーグ選抜チームの
メンバー22名を発表した。
中日2軍との交流戦出場四国IL選抜チームメンバー決定(NPB)

今回のチームには香川オリーブガイナーズと高知ファイティングドッグスから6名ずつ、
徳島インディゴソックスと愛媛マンダリンパイレーツから5名ずつが選ばれており、
いつになくバランスの取れた構成となっている。なお、選抜チームを率いるのは
地元・インディゴソックスの白石監督と衣川、深谷両コーチだ。

インディゴソックスの5選手のうち、小林投手、西村内野手、小松崎外野手の3名は
今日のホークス戦に続いての選出で、角野投手は昨年8月のマリーンズ戦以来、
約1年ぶりの復活。そして、福永捕手はうれしい初選出だ。前日の30日に行われる
インディゴソックス単独チームでのドラゴンズ戦も含めて、活躍に期待したい。


posted by ナカヲ at 17:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

球場行脚・久留米編

今日は久留米市野球場へ全国高校野球選手権福岡大会を見に行った。

この球場はバックネット裏に屋根があるものの、あまり大きい屋根ではないうえ、
後ろの方の席は屋根の支柱が邪魔になってグラウンド全体を見渡せない。
キャパシティも、政令指定都市を2つも抱える福岡の県大会を開催するには小さく、
私としてはあまり高い評価を下せない球場だった。

久留米市野球場のバックネット裏 バックネット裏からフィールド全体を見渡す

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:10| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

久々の球場行脚・佐賀編

今日は鳥栖戦のついでに佐賀県立森林公園野球場(みどりの森県営球場)へ
全国高校野球選手権佐賀大会を見に行った。

みどりの森はまれにプロ野球も開催される佐賀県のメイン野球場だけあって、
バックネット裏には個席があり、内野席を覆う屋根も非常に大きい。
スタンドの傾斜も申し分なく、なかなかいい野球場だ。
ちなみに、外野は地方球場にはありがちな芝生席。

佐賀県立森林公園野球場のバックネット裏

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

福岡出身・西村、IL選抜入り

四国アイランドリーグは昨日、来週福岡でNPBホークスと交流試合を行う
四国アイランドリーグ選抜のメンバーを発表した。
福岡でのソフトバンクとの招待試合出場メンバー決定

監督・コーチはすべて香川オリーブガイナーズの首脳陣が務め、選手も25名中11名が
前期優勝の香川から選出。前期2位の愛媛からは4名、同3位の高知からは7名、
そして最下位に終わった徳島インディゴソックスからは3名が選ばれた。

3名のうち、小松崎外野手は今月上旬の交流試合に出場するなど選抜チームの常連だが、
他の2名は久々の選出になる。西村内野手は昨年11月のスワローズ戦以来で、
今シーズン初めての選抜メンバー入り。福岡県出身だけに、故郷で大暴れしたい。
また、小林投手に至っては昨年8月のマリーンズ戦以来、実に約1年ぶりの選出。
久々のチャンスをモノにして、復活をアピールしたい。
posted by ナカヲ at 12:04| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

徳島ISのMVPに小松崎

少し前の話になるが、四国アイランドリーグは13日、前期の各球団優秀選手を発表し、
徳島インディゴソックスからは小松崎大地外野手が選ばれた。
四国4県知事連携による四国IL前期MVP表彰について

小松崎は全試合に出場して打率.284(チーム1位)、打点21(同1位)、本塁打1(同1位タイ)、
盗塁6(同3位)の成績を残し、キャプテンとしてチームを引っ張った。
誰が見ても順当な選出だろう。

他チームでは、前期優勝の香川オリーブガイナーズからは(森田)丈武内野手が
リーグ全体の前期MVPに続いて受賞した。2位の愛媛マンダリンパイレーツからは、
首位打者を争う比嘉内野手や桧垣内野手ではなく、投手陣をよくまとめた梶原捕手が
打率.295の打撃も評価されて受賞。3位の高知ファイティングドッグスからは
リーグ1位の9セーブを挙げた上里田投手が選出されている。
posted by ナカヲ at 23:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

アグリあなんスタジアム見学

徳島スポーツビレッジでは県リーグの第一試合だけを見て、午後からは阿南市の
徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)を見に行った。

アグリあなんスタジアムの内野席

本格的な照明設備を備えた両翼100メートル、中堅122メートルの立派な野球場で、
バックネット裏の内野席には小さいながらも日よけの屋根がかかっている。
一塁側、三塁側の内野席の後方には、車椅子用のスペースが広々と採られ、
バリアフリーに対応。なお、外野席は芝生になっているが、傾斜がきついので
座っての観戦は楽ではない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

四国IL前期MVPは丈武

四国アイランドリーグは昨日、2007年シーズン前期のMVPを発表し、
優勝した香川オリーブガイナーズの四番・(森田)丈武内野手が選ばれた。
前期リーグMVPは丈武選手(香川OG)に決定(PDF)

丈武は前期だけでリーグ1位の9本塁打を放ち、堂上(香川)が昨年記録した
シーズン最多本塁打記録(11本)に早くも2本差に迫っている。
また、打点もリーグ1位の34で、こちらも林(当時愛媛、現在は高知で登録名マサキ)が
昨年記録したシーズン最多打点記録(56)を更新しそうな勢いだ。
そして打率も.335の好成績。高打率の選手が多いのでリーグ4位にとどまっているが、
過去2年の首位打者よりも高い打率であり、三冠王も十分に狙えそうだ。

これだけ活躍している選手だが、実は今までタイトルとは縁がなかった。
入団2年目で初めてのタイトルがMVP。この調子で後期も活躍を続け、
秋のNPBドラフト会議後には喜びの声を聞かせてほしい。
posted by ナカヲ at 12:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

月間MVPに浦川と智勝

四国アイランドリーグは昨日、6月の月間MVPを発表し、
投手部門では愛媛マンダリンパイレーツの浦川大輔投手、
野手部門では香川オリーブガイナーズの(近藤)智勝内野手が選ばれた。
6月度月間MVP受賞選手の発表(PDF)

浦川投手は5試合に登板して2完投1完封を含む3勝1敗1セーブ、
33イニングを投げて防御率1.09という好成績で、愛媛の躍進に貢献した。
初年度から活躍している選手なので意外な気もするが、実は今回が初受賞。

また、野手部門の智勝選手は、59打数24安打の打率.407、盗塁13。
6月の好成績で打率ランキングは2位、盗塁ランキングは1位へと浮上した。
とくに月間盗塁数13は、昨年、高知ファイティングドッグスのYAMASHIN選手が
記録した14に次ぐ歴代2位の数字だ。智勝選手は昨年9月に続いての受賞。
彼も初年度からの選手だが、打率が年々上昇しているところに成長がうかがえる。
posted by ナカヲ at 12:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

徳島IS、初のNPB戦は圧勝

四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスは昨日、NPBサーパスと
あじさいスタジアム北神戸で交流試合を行い、15安打を放って13-2と圧勝した。
インディゴソックスにとっては、これが単独チームでNPBチームに挑む
初めての試合だったが、これ以上ない素晴らしい結果で初陣を飾った。
徳島ISがサーパスに大勝!(PDF)

インディゴソックスは1回表に小松崎と李のタイムリーで2点を先制すると、
2回には相手の守備の乱れをついて2点を追加、5回にも福永の本塁打や山口の
タイムリーなどで3点を加え、前半で7-1と大きくリードした。さらに6回には
大二郎、山口のタイムリーの後、西村が3ランを放って13-1とし、ほぼ試合を決めた。
投手陣は先発の角野が2回をパーフェクトに抑えると、その後は片山、益田、渡邊、
安里、森、竹原、小林と細かくつなぎ、サーパス打線を7安打2点に封じ込めた。

アイランドリーグで3シーズン連続最下位のチームがNPBファームにまさかの圧勝。
これで選手たちが自信をつけ、後期は上位進出を果たしてくれることを期待したい。
posted by ナカヲ at 12:04| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

四国IL選抜、NPBに連勝

先週の7日(土)に高松の香川県営野球場(サーパススタジアム)で行われた
四国アイランドリーグ選抜とNPBジャイアンツ(ファーム)の交流試合は、
アイランドリーグ選抜が7-5で逆転勝利を収めた。
四国IL選抜が巨人2軍に見事な逆転勝利!(PDF)

アイランドリーグ選抜は初回、昨年まで香川オリーブガイナーズに在籍していた
ジャイアンツの先発投手・深沢から、かつてのチームメイト・智勝(香川)が
先頭打者本塁打を放つ最高の滑り出しを見せたが、2回にあっさり逆転を許すと
その後も追加点を奪われる苦しい展開。しかし、3-5の2点ビハインドで迎えた8回裏、
高井(高知)のソロ本塁打で反撃の口火を切り、マサキ(高知)の犠飛で同点、
さらに智勝のタイムリーなどで2点を勝ち越した。最終回は元NPBカープの
天野(香川)がジャイアンツ打線を3人で片付け、見事な逆転勝ちを飾った。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

IL選抜、タイガースに圧勝

四国アイランドリーグ選抜は昨日、阪神鳴尾浜球場でNPBタイガースの
ファームチームと交流試合を行い、12-1の圧勝を収めた。
四国IL選抜が阪神(ウエスタン)に圧勝!(PDF)

アイランドリーグ選抜は初回に三番・堂上(香川)の二塁打で先制すると、
4回には五番・高井(高知)の2ランなどで加点、6回以降は毎回得点の猛攻を見せ、
計13安打で12得点を奪った。堂上はなんと5打数5安打、二塁打3本の大活躍で、
高井も2本塁打6打点と大爆発。また、投げては先発の松尾(香川)が2回をパーフェクトに
封じるなど、8投手のリレーでタイガース打線をわずか3安打、ソロ本塁打による1点に抑えた。
リーグ史上最高の圧勝でいいアピールができたと思う。

なお、徳島インディゴソックスの選手では、小松崎が六番・DHで先発し、2打数1安打。
4回に安打を放った後、代走を出されているので故障かもしれない。心配だ。
posted by ナカヲ at 17:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

8月に独立リーグ交流戦開催

四国アイランドリーグは今日、来月の7日と28日に四国アイランドリーグと
北信越ベースボールチャレンジリーグの選抜チーム同士で交流試合を行うと発表した。
7日は石川県立野球場で北信越BCリーグ側の主催試合が、28日は松山中央公園
野球場(坊っちゃんスタジアム)で、四国アイランドリーグ側の主催試合が行われる。
四国IL選抜が北信越BCLの選抜チームと8月に交流戦(PDF)

過去に四国アイランドリーグ選抜と米国の独立リーグ所属チームとの交流試合は
開催されたことがあるが、日本の独立リーグ同士の対戦は史上初めてのこと。
(北信越BCリーグにとっては初めての選抜チーム結成ということにもなる。)

北信越BCリーグには四国アイランドリーグ出身の選手がたくさんおり、
彼らは「見返してやる」という強い気持ちで勝負を挑んでくるはずだ。
もちろん四国アイランドリーグも、先輩として負けるわけにはいかない。
両者の意地と意地がぶつかり合う、熱い戦いが見られそうだ。
posted by ナカヲ at 17:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国IL、前期日程を終了

四国アイランドリーグは一昨日、前期の日程をすべて終了した。
すでに優勝を決めていた香川オリーブガイナーズは最終戦に勝利して
前期の最終成績を27勝10敗8分の勝率.730とし、シーズン最高勝率の
リーグ記録(昨年後期に香川が記録した.725)を更新した。
香川、最高勝率更新 四国IL前期日程終了

一方、すでに3シーズン連続の最下位が決まっていた徳島インディゴソックスは、
最終戦に勝利して前期の最終成績を12勝29敗4分の勝率.293とし、
シーズン最低勝率記録(昨年前期の徳島の.285)と最少勝利数記録
(昨年前期・後期の徳島の12勝)の更新は免れた。
また、高知ファイティングドッグスは19勝22敗4分の勝率.463に終わり、
4シーズン目で初めて負け越しを経験した。

前期の成績がどんなに離れていても、後期は全チーム横一線からのスタート。
心機一転、後期優勝を目指して頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 12:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

四国IL選抜の主将に小松崎

四国アイランドリーグは今日、来月3、6、7日に行われる交流試合に出場する
アイランドリーグ選抜およびアイランドリーグ選抜ドリームスのメンバーを発表した。
NPBとの交流戦に出場する四国IL選抜と
長崎セインツ戦出場の四国IL選抜ドリームスのメンバー決定
(PDF)

NPB球団と対戦するアイランドリーグ選抜には、前期優勝の香川から9名、
愛媛と高知から7名ずつが選ばれ、最下位の徳島インディゴソックスからは
片山投手と小松崎内野手の2名しか選ばれなかった。残念だが、これが現実。
ただ、小松崎は選抜チームの主将に指名されたので、この経験を生かしてほしい。

一方、長崎セインツと対戦するアイランドリーグ選抜ドリームスのメンバーには、
インディゴソックスから7名が選ばれた(他球団は香川3名、愛媛5名、高知10名)。
7名のうち、増野外野手は初の選抜メンバー入り。前期は振るわなかったが、
今回の遠征で飛躍へのきっかけをつかんでほしい。
posted by ナカヲ at 23:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

7月は交流試合が10試合

四国アイランドリーグは昨日、来月3日に選抜チームが阪神鳴尾浜球場へ遠征し、
NPBタイガース(ファーム)と交流試合を行うと発表した。
四国IL選抜が阪神(ウエスタン)と7月3日に交流戦(PDF)

これで7月の交流試合は、アイランドリーグ選抜対NPBファームだけでも6試合。
これに徳島インディゴソックス単独の交流試合や、対長崎セインツ戦を加えると
なんと10試合も行われることになる。もちろん、史上最多の試合数だ。

しかもそのうち6試合が四国の外での試合(兵庫県、長崎県、福岡県で各2試合)。
四国アイランドリーグの存在、そして実力をアピールする絶好の機会だ。
出場する選手たちは、自分自身のためにも、そして自分を育ててくれた
アイランドリーグの価値を高めるためにも、ぜひ頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 12:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

香川OG、2季連続優勝!

四国アイランドリーグで前期優勝まであと1勝と迫っていた香川オリーブガイナーズは
昨日の高知ファイティングドッグス戦に4-3で勝ち、前期の優勝を決めた。
香川オリーブガイナーズ、初の前期優勝−四国IL

香川は22日の試合前の時点で優勝へのマジックを1としていたが、
22日の試合は雨天中止となり、翌23日は高知に2-3と惜敗。
2日続けて優勝が持ち越しとなっていた。しかし24日の試合では
国本選手の先頭打者本塁打などでリードを奪い、先発の松尾投手も7回を無失点。
最終回には抑えの橋本投手が高知の反撃にあったが、何とか逃げ切った。

香川は昨年の後期も優勝しており、2シーズン連続2度目の優勝。
開幕前から優勝候補の呼び声が高く、順当に勝ち抜いたという印象だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

IL選抜、長崎でも交流試合

四国アイランドリーグは今日、来月6日と7日にリーグ選抜チームが長崎へ遠征し、
佐世保野球場で長崎セインツと交流試合を行うことを発表した。
四国IL選抜ドリームスが長崎セインツと7月6・7日に交流戦(PDF)

長崎セインツは、九州独立リーグの設立を目指して活動しているチームで、
前身は社会人野球のクラブチーム「佐世保ドリームスターズ」。
昨年まで徳島インディゴソックスで活躍した松原祐樹選手が主将を務めている。

7月6日と7日には、松山と高松で四国アイランドリーグ選抜とNPBジャイアンツの
交流試合も予定されているため、長崎には「四国アイランドリーグ選抜ドリームス」
という別の選抜チームが遠征することになる。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

四国ILに九州2球団参戦か

昨日、九州でプロ野球独立リーグの設立を目指している長崎セインツが
福岡に発足予定の新球団とともに来シーズンからの四国アイランドリーグ参戦を
検討していることが明らかになった。
四国IL 九州2球団来季加入構想
長崎セインツが参加検討−四国アイランドリーグ

九州独立リーグ構想が思うように進まず、来シーズンからの新リーグ設立が
困難になったことから、当面は2球団だけで四国アイランドリーグに参戦し、
実戦の中で選手の育成を図りたい意向のようだ。

アイランドリーグ側も将来的には広域化によって観客動員とスポンサーを増やし、
経営基盤の安定を目指す考えを持っており、リーグ拡大はありえない話ではない。
NPB球団の資本参加の問題と併せ、今後の動向に注目したい。
posted by ナカヲ at 18:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島IS、サーパスと交流戦

四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスは昨日、NPBサーパスと
7月9日に神戸で交流試合を行うことを明らかにした。
徳島ISがサーパスと7月9日に交流戦(PDF)

徳島インディゴソックスが単独チームでNPB球団と交流試合を戦うのは初めて
(この試合の後、7月30日にドラゴンズとも戦うことがすでに決まっている)。
試合はサーパス球団を運営するオリックス野球クラブの主催で行われ、
会場はサーパスの本拠地・あじさいスタジアム北神戸となる予定。

前期は3シーズン連続の最下位がほぼ確実な状況のインディゴソックスだが、
記念すべき対NPB球団初ゲームで多くのことを吸収し、後期は成長した姿を
見せてほしいものだ。
posted by ナカヲ at 00:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

IL球団にマリーンズ出資?

NPBマリーンズは昨日、四国アイランドリーグ球団への出資(球団買収)を
検討していることを明らかにした。
四国ILチーム買収か ロッテ、選手派遣し育成

四国アイランドリーグは、NPBの各球団に対してアイランドリーグ球団への
資本参加や選手の受け入れなどを打診しており、NPB球団として初めて
マリーンズが検討の意思を示したとのこと。

アイランドリーグ4球団のうち、高知ファイティングドッグスだけ出資元が
IBLJ(リーグ本体)であることや、マリーンズに高知FD出身の角中選手が
在籍していることなどから、出資先は高知FDと見られるが、現時点では未定だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。