2007年06月15日

アグリあなんでドラゴンズ戦

四国アイランドリーグは今日、7月30日に徳島インディゴソックスが、
また31日には四国アイランドリーグ選抜チームが、アグリあなんスタジアムで
NPBドラゴンズ(ファーム)と交流試合を行うと発表した。
四国IL選抜と徳島ISが、中日(二軍)と7月末に交流戦(PDF)

試合開始時刻はいずれも18時30分。アグリあなんスタジアムにはNPB規格の
照明設備があるが、有料試合のナイトゲーム開催はおそらく初めてのはず。
真夏の夜に明るい照明の下で夕涼みを兼ねての野球観戦が楽しめそうだ。

なお、7月には四国アイランドリーグ選抜とNPBファームチームの交流試合が
このほかにも4試合予定されている。6日(金)に松山、7日(土)に高松で
いずれもジャイアンツ戦、24日(火)と25日(水)には福岡でホークス戦が行われる。
好成績を残していいアピールをしたいものだ。


posted by ナカヲ at 12:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

四国学院大は初戦敗退

今日、明治神宮野球場と東京ドームで全日本大学野球選手権大会が開幕し、
四国地区大学野球連盟代表の四国学院大は、東京ドームの第2試合で
南東北大学野球連盟代表の東日本国際大と対戦したが、2-6で敗れた。
四国学院大1回戦敗退−全日本大学野球

四国学院大は2年ぶりの出場で、2年前に続く初戦突破を目指したが、
序盤から常に相手にリードを許し、後半の追い上げも及ばなかった。

四国地区連盟と南東北連盟は、この大会での代表校の通算勝率が
全国26連盟の中で最も低い連盟だが、なぜか3年連続して初戦で激突し
(これだけ続くと偶然とは思えないので、わざと当てているのだろう)、
一昨年は四国の四国学院大が、昨年は南東北の石巻専修大が勝っている。
南東北は2年連続の初戦突破で、通算勝率で四国を抜いて最下位を脱出した。
四国出身者として悔しいので、来年は四国代表の巻き返しに期待したい。
posted by ナカヲ at 18:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

雷雨のち晴れ

今日は鳴門・大塚スポーツパークのオロナミンC球場に
社会人野球の都市対抗四国一次予選を見に行った。
徳島県鳴門総合運動公園野球場には今までに何度も行ったことがあるが、
名前がオロナミンC球場に変わってからは初めての観戦だ。

球場正面の関係者入口脇サイン

試合開始は10時半の予定だったが、10時頃に激しい雷雨が降り、12時半に延期。
雨が止むと強い陽射しが照り付け、水浸しのグラウンドは見る見るうちに乾いた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

徳島IS、入団テストを実施

四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスは昨日、投手と内野手を対象とした
入団テストを実施すると発表した。すでに内野手については開幕直後から
テスト参加者を募集していたが、今回新たに投手の募集も始めた。
徳島ISで投手・内野手を対象にした入団テストを開催します!

インディゴソックスは昨年、前後期とも最下位に終わったが、
今シーズンはゴールデンウィーク頃まで勝率5割付近で頑張っていた。
しかし連休明けから連敗を繰り返すようになり、気がつけば今年も最下位。
3位の愛媛マンダリンパイレーツとのゲーム差は4.0に開いてしまった。

苦戦の原因はディフェンス面にあり、チームの防御率、失策数、失点数は
いずれもリーグワースト。それも僅差ではなく突出しての最下位だ。
1試合平均得点はリーグの平均を上回っているだけに、新戦力の加入で
守備力を向上させ、後期には優勝を狙えるチームになってほしい。
posted by ナカヲ at 23:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

フレッシュ球宴に中谷、角中

NPB(日本野球機構)は昨日、今シーズンのフレッシュオールスターゲームの
出場候補選手を発表し、四国アイランドリーグ出身の中谷翼内野手(カープ)と
角中勝也外野手(マリーンズ)が選出された。四国アイランドリーグ出身者が
選出されるのは、昨シーズンの西山道隆投手(ホークス)に続いて2〜3人目のこと。
プロ野球フレッシュオールスターゲーム2007 出場候補選手

中谷は昨日現在の打率こそ.267と平凡だが、今月上旬に初の一軍登録を果たし、
代打で2試合に出場している。また、角中は昨日現在の打率が何と.356で、
イースタンどころかファーム全体の首位打者。一軍が現在首位と好調なため、
なかなか一軍登録の機会には恵まれていないが、近々チャンスが訪れるに違いない。

今シーズンのフレッシュオールスターゲームは、松山中央公園野球場
(坊っちゃんスタジアム)で行われる。自身を育ててくれた四国のファンの前で
成長した姿を見せ、さらに上を目指してほしい。
posted by ナカヲ at 18:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

アグリあなんスタ、オープン

昨日、徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)がオープンし、
こけら落としとして徳島インディゴソックス対香川オリーブガイナーズの
四国アイランドリーグ公式戦が行われた。
「アグリあなん」オープン 阿南の県南部健康運動公園

試合は香川が7-4で逆転勝ちしたが、インディゴソックスは初回に山口が
球場第1号となる先頭打者本塁打を放ち、阿南市出身の先発・片山投手も
5回まで無失点の好投を見せるなど、首位を相手に健闘し、観客を沸かせた。
徳島、記念試合飾れず アグリあなん球場オープン(「ポカスタ」はサッカーです・・・)

この試合は新球場のオープンを祝って入場無料で行われたこともあり、
徳島インディゴソックスのホームゲームとしては過去最多の4656人が詰め掛け、
内野席はほぼ満員だったらしい。有料試合でどれだけ集められるかが大事だが、
来年以降のホーム球場化へ向けて、いいスタートが切れたのではないだろうか。
posted by ナカヲ at 12:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

四国IL選抜、福岡で交流戦

四国アイランドリーグは昨日、7月24日と25日に選抜チームを結成し、
福岡でNPBホークスと交流試合を行うことを明らかにした。
四国IL選抜が福岡に遠征しソフトバンク(2軍)と7月24日に招待試合(PDF)

会場は、24日がホークス一軍の本拠地である福岡Yahoo! JAPANドーム、
25日が同ファームチームの本拠地である雁の巣球場となっており、
史上初めてNPBの一軍本拠地球場でアイランドリーグの交流試合が開催される。
また、交流試合が四国外で行われるのも、昨年7月の神戸総合運動公園サブ球場での
NPBサーパス戦以来、2度目のことだ。

なお、24日の夜には同球場でホークス対マリーンズの公式戦が予定されており、
試合時間が2時間30分を超えた場合には新しいイニングに入らないとのこと。
選手たちには、大きな野球場で自分の持っている力を出し切ってほしい。
posted by ナカヲ at 01:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

月間MVPに新加入2選手

四国アイランドリーグは今日、4月の月間MVPを発表し、
投手部門では香川オリーブガイナーズの天野浩一投手、
野手部門では愛媛マンダリンパイレーツの檜垣浩太内野手が選ばれた。
両選手ともに今シーズンからの新加入選手で、当然ながら初受賞となる。
4月度月間MVP受賞選手の発表(PDF)

天野投手は6試合に登板して2完封を含む3勝3敗。30イニングを投げて
防御率は1.50だった。勝率こそ5割にとどまったが、月間4勝を挙げた投手が
一人もいなかったため、防御率のいい天野が選ばれた。

また、野手部門の檜垣選手は、51打数21安打の打率.412、打点12。
打率ランキングで2位以下を大きく引き離し、文句なしの受賞だった。
育成選手からのサクセスストーリーだけに、今後の活躍にも期待したい。
posted by ナカヲ at 22:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中谷翼選手、一軍デビュー

四国アイランドリーグ出身の野手として初めて一軍出場選手登録された
NPBカープの中谷翼選手は昨日、福山市民球場で行われた対ドラゴンズ戦で
待望の一軍公式戦初出場を果たした。
広島・中谷選手(元愛媛MP)が5月8日に1軍デビュー(PDF)

カープはこの試合、先発の青木高広投手が不調で3回までに0-6とリードされ、
3回裏無死一塁で青木に打順が回ってきたところで中谷が代打に起用された。
中谷はドラゴンズ先発の朝倉投手と対戦、カウント0-1からの2球目を打ったが、
残念ながら一塁ゴロに終わり、一塁走者も封殺されて併殺打となった。
試合は、その後も失点を重ねたカープが4-16で大敗した。

結果は出せなかったが、初めて打席に立ったことは大きな前進だ。
次は初安打を目指して頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 13:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

アグリあなんスタジアム

先週の話だが、徳島県が募集していた県南部健康運動公園野球場の命名権を
阿南農業協同組合(JAあなん)が5年間、総額750万円で取得し、
愛称が「アグリあなんスタジアム」になることが明らかになった。
徳島県公募の命名権第2弾決定、農協などが取得

今月20日に阿南市に誕生するこのスタジアムは、徳島県の野球場としては初めて
本格的な照明設備を備え(鳴門と蔵本の野球場の照明設備は暗すぎる)、
しかも四国で3番目(高知県以外では初めて)となる両翼100メートル規模の球場だ。

そのこけら落としとして行われる、今月20日の四国アイランドリーグ公式戦
(徳島インディゴソックス対香川オリーブガイナーズ)を入場無料とすることが、
今日、IBLJから発表された。徳島県最高グレードの野球場での観戦を
一人でも多くのファンに楽しんでもらいたいものだ。
5月20日の徳島―香川戦入場無料(PDF)
posted by ナカヲ at 19:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

敗者復活・城南高が決勝へ

昨日から松山中央公園野球場(坊っちゃんスタジアム)で行われている
高校野球の春季四国大会で、城南高(徳島)が決勝進出を果たした。

昨日の1回戦では明徳義塾高(高知)に8-4、そして今日の準決勝では
済美高(愛媛)に12-5(7回コールド)と、甲子園優勝経験のある強豪校に
2試合連続で打ち勝ち、見事に決勝進出を決めた。

城南は県大会準決勝で生光学園高にコールド負けし、本来なら四国大会には
出場できないところだったが、生光学園の出場辞退によって生き返り、
代表決定戦を制して17年ぶりの四国大会出場を勝ち取っていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カープ・中谷翼が一軍入り

昨シーズン、四国アイランドリーグから育成選手としてNPBカープに入団し、
今シーズンから支配下選手登録されていた中谷翼内野手が、ついに昨日、
出場選手登録(一軍入り)を勝ち取った。
四国アイランドリーグ

四国アイランドリーグ出身者の一軍入りは、ホークス・西山道隆投手、
スワローズ・伊藤秀範投手に次いで3人目で、投手以外では初めて。
したがって、もし打席に立つ機会があればアイランドリーグ出身者として
初の打席になるし、安打を打てば初安打、本塁打を打てば初本塁打になる。
残念ながら昨日と今日の試合は出番がなかったが、明日以降の活躍に期待したい。
posted by ナカヲ at 19:31| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

四国IL連合軍は1敗1分

昨日、高知市東部野球場で行われた高知ファイティングドッグスと
愛媛マンダリンパイレーツの連合チーム対NPBホークスの交流試合は、
4-4の引き分けに終わった。連合チームは2回に3点を先制されたが、
3回に3本の二塁打を集中して2点を返し、再び2点差とされた7回裏には
高知・中村の2点三塁打で同点に追いついた。
愛媛・高知連合がソフトバンクと引き分け、惜しくも勝利を逃す(PDF)

また、今日は香川オリーブガイナーズと徳島インディゴソックスの連合チームが
香川県営野球場(オリーブスタジアム)でホークスに挑み、一時は4点差を
逆転するなど粘りを見せたものの、結局、6-9で力負けした。
ホークスは元愛媛の西山道隆投手が先発し、4回無失点の好投を披露。
徳島の選手では、四番に入った永井がソロ本塁打を放って気を吐いた。
香川・徳島連合がソフトバンクに惜しくも競り負け(PDF)
posted by ナカヲ at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北信越BCリーグが開幕

四国アイランドリーグに続くプロ野球独立リーグとして注目を集めている
北信越ベースボール・チャレンジ(BC)リーグは、一昨日開幕を迎えた。
北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ

長野オリンピックスタジアムで行われた開幕戦、信濃グランセローズ
対石川ミリオンスターズの試合には6,832人の観衆が集まった。
試合は昨年の徳島インディゴソックスのエース・佐藤広樹を擁する信濃が
3点を先制したが、石川も追いつき、3-3の引き分けに終わった。

また、新潟県の三条市民球場で行われた新潟アルビレックスBC
対富山サンダーバーズの開幕戦は、試合開始が雨で大幅に遅れたが、
4,538人の観衆を集めて無事に行われ、富山が9-0で圧勝した。
富山の小園投手は、元愛媛マンダリンパイレーツの廣田嘉明捕手の
好リードにも支えられ、被安打3という見事な内容でリーグ初完封勝利。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

永井豪、交流戦メンバー入り

四国アイランドリーグは今日、今月29日と30日にNPBホークスと対戦する
高知ファイティングドッグス・愛媛マンダリンパイレーツ連合チームおよび
香川オリーブガイナーズ・徳島インディゴソックス連合チームのメンバーを発表した。
ソフトバンク(2軍)との交流戦出場メンバー決定(PDF)

インディゴソックスからは8名が選出されたが、このうち永井豪外野手だけは
四国アイランドリーグ選抜に選ばれたことがなく、初の交流戦メンバー入り。
昨年は故障のため苦しいシーズンを送ってしまったが、今シーズンはここまで
リーグ3位の.366という高打率を残しており、活躍が期待される。

ちなみに、香川・徳島連合チームの相棒、香川からは14名が選ばれた。
とくに野手陣は香川8名に対して徳島3名と、香川が圧倒的に多くなっている。
残念だが、これが現時点での実力。秋には逆転できるように頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 21:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

高知FDにドミニカ選手加入

四国アイランドリーグは今日、NPB広島東洋カープがドミニカ共和国で
運営している「カープ・ドミニカ・アカデミー」所属のドミニカ人選手2名が
今月25日から高知ファイティングドッグスに加入すると発表した。
四国IL・高知FDに、カープドミニカアカデミー所属の
ドミニカ人選手2名が、4月25日から加入決定!
(PDF)

アイランドリーグには現在、韓国やジンバブエ出身の選手が在籍しているが、
ドミニカ出身者が加わることで、いっそう国際色豊かになってきた。

加入するのは、24歳の左腕・ディオニ・ソリアーノ投手(サンペドロ出身)と、
21歳の右腕・オビスポ・パチェコ投手(サントドミンゴ出身)の2名。
高知の投手陣は、相原や高梨ら昨シーズンまでの主力が退団したため
やや駒が不足している状況で、両投手の活躍の場は大いにありそうだ。
posted by ナカヲ at 23:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

IL連合軍がホークスと対戦

四国アイランドリーグは今日、今月の29日と30日に、NPBホークス(ファーム)と
交流試合を行うと発表した。29日は高知ファイティングドッグスと
愛媛マンダリンパイレーツの合同チームが高知市東部野球場で、
30日は香川オリーブガイナーズと徳島インディゴソックスの合同チームが
香川県営野球場(オリーブスタジアム)で、それぞれホークスと対戦する。
四国IL・2球団の連合チームとソフトバンク(2軍)が4月末に交流試合

単独チームやリーグ全体の選抜チームがNPBのチームと対戦したことはあるが、
2チームの連合軍でのチャレンジは初めてのこと。
リーグ選抜チームに比べて、単純計算で2倍、アピールのチャンスがあるわけで、
出場する選手には自分の長所を思う存分見せてほしい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

伊藤秀範投手、一軍初登板

四国アイランドリーグの香川オリーブガイナーズから育成選手を経て
支配下登録選手になったNPB東京ヤクルトスワローズの伊藤秀範投手が
昨日のドラゴンズ戦で初登板を果たした。

0-4とリードされた7回に登板した伊藤は、いきなり中村紀洋に安打を浴びると、
さらに2安打を打たれて2点を失い、結局この回だけでマウンドを降りた。
投球回1、対戦打者6、被安打3、自責点・失点2、投球数26という内容だった。

昨年、四国アイランドリーグ出身者として初の一軍公式戦に登板した
ホークスの西山と同様、こちらもデビュー戦は残念な結果に終わったが、
NPB選手としてのキャリアはまだ始まったばかり。この経験を糧にして
次の登板では彼本来の投球を見せてほしい。
posted by ナカヲ at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

四国IL3年目が開幕

今日は徳島県鳴門総合運動公園野球場へ四国アイランドリーグ開幕戦の
徳島インディゴソックス対高知ファイティングドッグスを見に行った。

非常にいい天気だったが、風が非常に強くて体感温度はやや低め。
砂埃(黄砂?)がものすごく、鼻とのどがおかしくなったほど。

試合前イベントとして、首脳陣や選手が参加してのもちつきや、
女優・水野真紀さんから両チーム監督への花束贈呈が行われた。

首脳陣や選手がもちつきに参加

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:29| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

室戸高、準々決勝進出

甲子園球場で行われている選抜高校野球大会は今日、2回戦3試合が行われ、
四国勢で唯一勝ち残っていた初出場の室戸高(高知)は、宇部商業高(山口)を
4-1で破って準々決勝へ進出した。

四国勢のベスト8進出は、選抜大会では3年前の済美高(愛媛=優勝)と
明徳義塾高(高知=ベスト4)以来3年ぶりのことで、夏の大会を含めても
2年前の市立鳴門工業高(徳島=ベスト8)以来3シーズンぶり。

春夏通じて初の甲子園出場で、前評判も低かった室戸だが、報徳学園高(兵庫)、
宇部商と甲子園常連の名門校を連破してのベスト8入りは見事というほかない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:05| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。