2006年04月29日

対柏レイソル@日立柏

◎Jリーグ2部第12節 2006年4月29日
 (日立柏サッカー場)観衆7,076人

柏レイソル  4(0−0)0  徳島ヴォルティス
        (4−0)

得点:柏=リカルジーニョ(53分、66分)、フランサ(79分)、ディエゴ(85分)
警告:柏=谷澤(44分)
   徳=金位漫(36分)、島津(78分)

(柏レイソル)
GK 南
DF 小林亮
   小林祐
   瀬戸
   大谷
MF 谷澤
   リカルジーニョ(→79分、永井)
   山根
   ディエゴ
FW フランサ(→86分、李忠成)
   鈴木(→85分、石舘)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 金位漫
   辻本
   大森
   尾上
MF 秋葉
   挽地
   石田(→61分、大場)
   伊藤(→73分、大島)
   ジョルジーニョ
FW 羽地


続きを読む


posted by ナカヲ at 16:37| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

羽地、Get Goal!

柏レイソルと対戦するのは、旧JFL時代の1994年以来、なんと12年ぶり。
そのときの対戦では、アウェイながら2-2の同点で延長戦までもつれ込んだが、
最後はVゴールを決められて惜敗している。しかし、そのシーズンの
GWの徳島市球技場での対戦では、大塚FCが1-0で勝利を収めた。

当時の柏レイソルは、元ブラジル代表ストライカーのカレカらを擁し、
Jリーグ昇格の最有力候補と見られていたチーム。そんな強豪をホームで下し、
アウェイでも延長戦を演じたことは、大塚FCの誇れる歴史の一つだろう。
(しかも、その前年の1993年には、順位でレイソルを上回った。)

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:15| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の練習試合予定

来月の練習日程が発表され、7日にセレッソ大阪、28日に三洋電機洲本と
それぞれ練習試合を行う予定であることが明らかになった。
2006年5月練習日程

注目は何と言っても、7日のセレッソ大阪戦。
合宿以外でJリーグのチームと練習試合を行うのはJ参入後初めてのことだ。
しかも、セレッソは今年こそ下位に低迷しているが、
昨年は最終戦のラスト1分までJ1優勝に最も近いポジションにいたチーム。

そのうえ、試合会場が大阪市の南津守さくら公園スポーツ広場と聞けば
大阪市在住の私としてはぜひ見に行きたいところだったが、
残念ながらその日は関東遠征中。もっと早く発表してほしかった・・・。
posted by ナカヲ at 10:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

4月29日@柏戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第12節
 日時:4月29日 14時キックオフ
 会場:日立柏サッカー場
 対戦:柏レイソル×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 00:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

冨士、靭帯損傷で今季絶望

先週末の桃山学院大との練習試合で負傷し、担架で退場したMF冨士祐樹が、
検査の結果、左ひざの前十字靭帯損傷で全治6〜8ヶ月と診断されたようだ。
冨士祐樹選手の負傷について

実戦(練習試合とはいえ)での怪我はやむをえない部分もあるが、
昨年に続き、今年も長期離脱者が出てしまったのは残念としか言いようがない。
全治6〜8ヶ月ということは今季の残り試合に出場することはほぼ不可能だが、
来シーズンはレベルアップした姿を見せてほしい。

ところで、ヴォルティスのDF陣は現在、石川が長期離脱中で、
谷池、天羽も先日の練習試合に出ていなかったから故障中の可能性がある。
つまり、動けるDFは5人しかいない(石田は練習では右SBもつとめているが)。
開幕前、選手層が厚くなったと思っていたのは気のせいだったのか・・・。
posted by ナカヲ at 09:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ユース、奇跡の上位L進出

プリンスリーグ四国に参戦中の徳島ヴォルティス・ユースは、
1勝2敗で迎えた先週末の2連戦を1勝1敗で終えたが、
勝ち点、得失点差、さらには総得点の比較で3位に滑り込み、
二次リーグでのAブロック(上位リーグ)進出を決めた。

ヴォルティス・ユースはまず22日に今治東高(愛媛)と対戦したが、
前半の失点が響いて2-4で敗れた。
徳島ヴォルティスユースの2006 プリンスリーグ四国の結果について

続きを読む
posted by ナカヲ at 10:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

ヴォルティス・アマ初勝ち点

昨日、愛媛県総合運動公園球技場で行われた四国リーグ第3節の
徳島ヴォルティス・アマチュア対愛媛しまなみFCは、1-1の引き分けに終わり、
ヴォルティス・アマチュアは四国リーグ昇格後初の勝ち点を獲得した。
四国リーグ 徳島ヴォルティス・アマチュア(vs 愛媛しまなみFC)のお知らせ

ヴォルティス・アマチュアは前半16分に1点を先制されたが、
試合終了間際の89分に迫田雄一選手が同点ゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。

次節は5月7日に香川県営第二サッカー・ラグビー場(生島サブ)で行われる
カマタマーレ讃岐とのアウェイ戦。将来のJ昇格を狙う強豪を相手に
どこまで通用するか楽しみだ。また、その前の週の4月30日には、
ヴォルティスのトップチームとの練習試合も予定されている(14時〜@大塚G)。
posted by ナカヲ at 20:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対桃山学院大@大塚G

昨日、大塚グラウンドで行われたヴォルティスと桃山学院大の練習試合は、
4-4の引き分けに終わったようだ。
練習試合結果(vs 桃山学院大学)のお知らせ

ヴォルティスは前半、ほぼプロ選手で固めてリードを奪ったものの、
後半はDFを中心にユース選手を多く出場させたこともあって失点を重ね、
結局追いつかれてしまったらしい(最後はCBのユース生が負傷して
古田が急遽DFに入ったようなので、失点は割り引いて見る必要があるが)。

メンバーを見ると、最近出ていなかった林や岡本が久々に実戦復帰し、
故障が噂されていた玉乃もしっかりとフル出場してゴールを決めている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 10:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

対水戸ホーリーホック@笠松陸

◎Jリーグ2部第11節 2006年4月22日
 (笠松運動公園陸上競技場)観衆1,667人

水戸ホーリーホック  2(1−1)1  徳島ヴォルティス
            (1−0)

得点:水=アンデルソン(18分)、吉本(50分)
   徳=羽地(40分)
警告:水=桑原(89分)
   徳=秋葉(21分)

(水戸ホーリーホック)
GK 武田
DF 倉本
   吉本
   大和田
   河野
MF 秋田(→64分、桑原)
   小椋
   権東(→89分、椎原)
   秦
FW 西野(→83分、岩舘)
   アンデルソン

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 金位漫
   井手口
   辻本
   尾上
MF 秋葉(→78分、大島)
   挽地
   石田(→78分、小林)
   伊藤
   ジョルジーニョ(→86分、大場)
FW 羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:52| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

ヴォルティス初年度は黒字

徳島ヴォルティス株式会社は昨日、2005年度の決算で3600万円の黒字を
計上したことを明らかにした。
初年度決算、3600万円黒字 ファンクラブ会員数、目標上回る

ファンクラブの会員数が個人、法人ともに目標を大きく上回り、
Jリーグ分配金も当初の見込みを大きく上回ったため。

しかし、「初年度景気」が去った今年度は、ファンクラブの会員数、観客動員数ともに
今のところ伸び悩んでおり、今後もさらなる経営努力が必要だ。
県内での人気獲得につながるような新たな企画の立案に期待したい。
posted by ナカヲ at 15:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先手必勝でミトナチオ攻略!

水戸ホーリーホックとの昨年の対戦成績は1勝1分2敗。
第1クールのアウェイゲームは後半立ち上がりの2ゴールで2-1と逃げ切ったが、
第2クールの対戦では逆にFKで先制点を許し、そのまま0-1で逃げ切られた。
第3クールのアウェイゲームは前半に大島のゴールで先制したものの、
その大島が重傷を負って戦線離脱したうえ、同点ゴールを許して引き分けた。
そしてホーム最終戦となった第4クールの対戦では、第2クール同様、
CKから喫した失点を最後まで取り戻せず、0-1で敗れた。

4試合とも1失点しており、しかも失点後は1点も取れていない。
(逆に、先にゴールを奪った試合では一度も負けていない。)
このカードでは、先手を取れるかどうかが勝負の分かれ目になっている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:29| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

4月22日@水戸戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第11節
 日時:4月22日 14時キックオフ
 会場:笠松運動公園陸上競技場
 対戦:水戸ホーリーホック×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 11:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

対コンサドーレ札幌@鳴門陸

◎Jリーグ2部第10節 2006年4月18日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆2,221人

徳島ヴォルティス  0(0−0)0  コンサドーレ札幌
           (0−0)

得点:なし
警告:徳=井手口(87分)
   札=フッキ(70分)、石井(75分)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 金位漫(→86分、大場)
   井手口
   辻本
   大森
MF 秋葉
   挽地
   石田(→82分、大島)
   伊藤
   ジョルジーニョ(→82分、冨士)
FW 羽地

(コンサドーレ札幌)
GK 林
DF 加賀
   曽田
   池内
MF 大塚
   鈴木
   芳賀
   砂川
   関
FW 相川(→57分、石井)
   フッキ


続きを読む
posted by ナカヲ at 22:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

苦しい時こそ集えサポーター

コンサドーレ札幌との昨年の対戦成績は3分1敗。
第1クールは終了間際に大島のゴールで追いつき、引き分け。
第2クールはGK高橋の大活躍でスコアレスドロー。
第3クールは池内に不意打ちFKを決められたが、大島のゴールでまた引き分け。
第4クールは札幌に終始ゲームを支配され、0-2というスコア以上の完敗。
引き分けが多いこと、そして大島しかゴールを奪っていないことが特徴的だ。

通算の対戦成績では5勝3分10敗と負け越しているが、
ホームゲームに限ってみると3勝2分3敗と全くの互角だから、
極端に相性が悪いわけでもなさそうだ(北海道での対戦は相性が悪い)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティス・アマ開幕連敗

昨日、三洋電機徳島グラウンドで行われた四国リーグ第2節の徳島対決、
徳島ヴォルティス・アマチュア対三洋電機徳島は、三洋電機徳島が4-1で快勝した。
四国リーグ 徳島ヴォルティス・アマチュア(vs三洋電機徳島)のお知らせ

三洋電機徳島は、昨年の天皇杯で見て、なかなか力があると感じていたが、
その試合で活躍を見せた高木卓や中川が昨日の試合でもゴールを決めており、
今年は十分にリーグ優勝を狙えそうだ。

一方のヴォルティス・アマチュアは、昨年の上位チーム相手とはいえ、開幕2連敗。
やはり昇格してすぐに勝てるほど甘くはないようだ。
次は、23日の13時から愛媛県総合運動公園球技場で行われる愛媛しまなみFC戦。
これまた昨年の上位チームだが、初勝利を目指してがんばってほしい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

4月18日vs札幌戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第10節
 日時:4月18日 19時キックオフ
 会場:徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
 対戦:徳島ヴォルティス×コンサドーレ札幌


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

対モンテディオ山形@山形県

◎Jリーグ2部第9節 2006年4月15日
 (山形県総合運動公園陸上競技場)観衆3,446人

モンテディオ山形  2(0−1)1  徳島ヴォルティス
           (2−0)

得点:山=佐々木(54分)、小原(71分)
   徳=羽地(9分)
警告:徳=辻本(13分)
退場:徳=尾上(62分)

(モンテディオ山形)
GK 清水
DF 臼井
   レオナルド
   小原
   木村
MF 佐々木
   永井
   高林
   本橋(→82分、高橋)
   財前(→89分、原)
FW レアンドロ(→86分、氏原)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 金位漫
   井手口
   辻本
   尾上
MF 秋葉
   挽地
   大場(→79分、石田)
   伊藤(→66分、大森)
   羽地
FW 小林(→75分、大島)


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:24| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

今月の初勝利は山形で

モンテディオ山形との昨年の対戦成績は、ヴォルティスの2勝2分。
第1クールのホームゲームは、GK高橋の神がかり的な活躍で引き分け。
第2クールのアウェイゲームも、終了間際に小林の同点ゴールが決まって引き分け。
高知で行われた第3クールは、伊藤と小林がゴールを決め、2-1で逃げ切った。
そして第4クールのアウェイゲームは、小山、谷池、伊藤のゴールで3-1と快勝。
順位は山形のほうが上なのに、11カードの中で最も対戦成績が良かった。

通算の対戦成績でもヴォルティスが9勝2分3敗(アウェイでは4勝1分2敗)
と圧倒しており、相性のよさはJ2の対戦相手の中でも一、二を争う。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

スペイン帰りのアマ選手

今年度から四国リーグに参戦している徳島ヴォルティス・アマチュアの
登録メンバーが、今日明らかになった。
徳島ヴォルティス・アマチュアが参戦する四国リーグ開幕!

メンバーの多くは昨年度から在籍していた選手で、
徳島県出身の若手選手と大塚FCのOBが中心となっているが
(「ボールくん」こと平岩選手の名前も含まれていて良かった)、
新たに県外出身の大卒選手も多数加わり、層が厚くなっているようだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月3日は小学生無料招待

Jリーグでは毎年、「ファミリーJoinデイズ」と銘打って、
ゴールデンウィーク中の試合で家族向けの企画を用意している。
Jリーグ:ファミリーJoinデイズ

ヴォルティスの「ファミリーJoinデイズ」は5月3日の鳥栖戦だが、
その試合に徳島県内の小学生を無料招待(B席)することが発表された。
(10,000名ご招待となっているが、小学生だけで10,000名も来場することは
まず考えられないので、実質的には全員無料招待だ。)
5月3日(水・祝)は「徳島ヴォルティス 子供の日」スペシャル!
徳島県内小学生10,000名B席特別ご招待決定!

小学生1万人を5月3日に招待 こどもの日控え

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。